1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 弁護士の記事一覧
  3. 弁護士の志望動機(例文付き)を応募先別で解説|転職成功のコツや注意点も
弁護士の志望動機(例文付き)を応募先別で解説|転職成功のコツや注意点も

弁護士の志望動機(例文付き)を応募先別で解説|転職成功のコツや注意点も

こんにちは。 弁護士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の榊原です。

今回は、「弁護士の志望動機や転職理由のポイント」について解説します。

応募先が「法律事務所」か「企業(インハウス)」かによってポイントは変わるので注意してください

志望動機や転職理由は基本的にどの事務所・企業でも聞かれるので、言語化できるよう必ず整理・対策しておきましょう。

株式会社WILLCO 榊原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 榊原
司法書士・法務・弁護士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。

志望動機は必ず整理しておくこと

志望動機は重要

志望動機は基本にして重要な項目です。

志望動機は語れて当然だからこそ、うまく語れないとそれだけでふるいにかけられ、選考に落ちるリスクがあるからです。

ここで勘違いしてはいけないのは、志望動機の「内容そのもの」を「壮大に・魅力的にしなければいけない」というわけではないということです。

そうではなく、志望動機をスムーズに言語化できるか・論理的な志望動機になっているかどうかが書類や面接では見られます

言い換えれば、志望動機をスムーズに言語化できるかどうかで、その人の素質や地頭・論理力の見られ方が変わるのです。

また、弁護士の書類選考や面接でよく見られるのは「学歴や司法試験の成績、これまでの経験」などの「スキル面」ですが、何人かの応募があった際、スキルが同じくらいだと、人間性や考え方、志望度合でどちらを採用するか決めることもよくあります

そのため、志望動機はしっかり作り込んでおくことをおすすめしています。

しかし、どれだけ論弁に長けている弁護士でも、転職時の志望動機を作るのが苦手といった方も多い印象です。

あと一歩で、内定がもらえないということがないよう、志望動機は重要な項目と考え対策をしていきましょう。

 

好印象を与える志望動機の5つのポイント

良い志望動機を作るポイントではここからは、好印象を与える志望動機のポイント5つをご紹介します。

以下の項目を押さえることで、内定の可能性がグッと上がるはずです。

 

①ネガティブな転職理由を語らない

志望動機を語る上で、前職を辞めた理由を取り入れる場合があるかもしれません。

その際、もし前職を辞めた理由がネガティブな要素がある場合、それをそのまま語らないようにしましょう

例えば「事務所の体制が合わなかった」「上司とうまくいかなかった」といったネガティブな理由です。

ネガティブな理由を語ると、主体性がなく「他責思考」というふうに捉えられてしまう恐れがあるからです。

そうではなく、志望動機はポジティブな内容が好印象を与えます。

  • 共感できる事業内容だから
  • 独立やパートナーを歓迎する事務所だから
  • 新規開拓活動を行える事務所だから

など、事務所の事業内容や体制・制度に惹かれた旨や、企業や事務所の考え方への共感を伝えましょう。

例えば転職理由が「人間関係」にある場合(ネガティブ)でも、以下のように表現や切り口を少し変えることで好印象を与えられます。

【ネガティブな転職理由をポジティブに変える例】

▼本来の転職理由

ボスとの相性が悪いため、転職を考えました。

ボスは会社組織のような事務所を目指しているため、個人受任も出来なければ、全てボスに確認を取らなければならない。右腕だった人にも裁量がなかった。

 

上のようなネガティブな転職理由は、下記のように伝えると良いでしょう。

 

▼ポジティブな転職理由へ

ボスは素晴らしい方ですが、働いていくうちにボスの方針が合わないと感じるようになりました。

私は弁護士としてさらに多くの経験を積んでいきたいと思っていますが、現事務所では個人受任も不可で、全てボスに確認を取らなければならないため、どんどんチャレンジしていける事務所で働きたいです。

このように、「ボスが嫌だから辞めたい」ではなく、「より多くの仕事にチャレンジしたい」という「向上心」を表現することで、印象はだいぶ変わります。

このような「人間関係」が転職理由である場合は、転職先では「人間関係(ここで言うところの「ボス」)のお話を延々とするのではなく、あくまで向上心を全面にアピールするのが望ましいです。

また、もし事業内容や働き方・業務内容を理由に志望動機を伝える際は、「現在働いている事務所や企業ではその希望が叶えられない理由」も併せて志望動機に入れるとなお良いです。

 

②その応募先ではならない理由を取り入れる

志望理由には、選考先の事務所もしくは企業でなければならない理由を入れると、説得性が大きく上がります。

他の事務所や企業ではなく、あくまでその志望先がベストなのだということが伝われば、採用される可能性もグッと上がります。

  • 事業内容
  • 働き方
  • 事務所(企業)の規模
  • 業務内容

など、何かしらの切り口において「その選考先がベストである理由」を語れるようにしましょう。

 

③志望動機・自己PRに一貫性を持たせる

志望動機と自己PRは一貫性を持たせると非常に引き締まり、好印象を与えます。

例えばですが、選考先の募集ポジションが「リーダー職」である場合、

「リーダーポジションに従事したいと考えたことが志望動機です。前職では10名ほどのチーム体制で自分中心に長期プロジェクトを進行させた実務経験があり、そこで培ったマネジメント力を活かせると思い応募させていただきました。」

というふうに、「志望動機」と「自己PR(自分の強み)」がマッチしていると、聞き手も話が入りやすくよりあなたの本質を見てくれるようになります。

志望動機や自己PRを独立して考えすぎてしまうと、支離滅裂な脈絡となり話が伝わらなくなるので、上記のように一貫性を持たせて考えてみてください。

 

④謙虚さを大切にする

志望動機の伝え方や書き方は、あくまで「謙虚さ」を大切にしましょう。

稀に、「上から目線」のような口調・書き方で志望動機を伝える方がいらっしゃいます。

例えば「○○はこうあるべきだ」「周囲のレベルが低いので、もっとレベルの高い職場で働きたい」といった内容です。

書類や面接では、その内容に加えて「選考者の人間性」も採用担当者は見ています。言い換えると「この人と一緒に働きたいかどうか」を見ています。

あくまで謙虚な姿勢で臨みましょう。

 

⑤文章はこまめに切ることを意識する

思考や気持ちを的確に伝えるコツの一つに「文章(言葉)をこまめに切る」というテクニックがあります。

特に面接で有効です。

緊張しすぎたり考えがまとまっていなかったりすると、話の着地点をうまく想像できず、長々と話しすぎてしまいまとまりのない内容となってしまう場合が結構あります。

文章でも言葉でも、まずは「結論(主張)」を表現し、その後、理由や補足説明をシンプルにまとめて着地するようにしましょう。

「私はこれこれこういう理由と、こういう理由から、こういう業務内容に従事したいと思っています。」と話すよりも、

「私はこういう業務内容に従事したいです。理由は2つあります。1つ目は〜〜。2つ目は〜〜。」

というふうに、言葉を区切ることで分かりやすく伝えることができます。

 

志望動機(転職理由)の作り方や例文

志望動機の作り方

志望動機のポイントを押さえたところで、実際に志望動機を作っていきましょう。

志望動機はあまり長くても、読まれづらいので全体で200文字~300文字、多くても450文字程度に抑えるとまとまりやすくなります。

弁護士の方の志望動機の添削を行っていると、少々長くなりがちな傾向にあるため注意しましょう。

また上記でも触れましたが、文章はこまめに切るようにして作成しましょう。

読点で区切っていても1文が長くなりすぎると、伝えたいことが伝わりにくいです。

適度に「。」で区切ることで、読みやすくなります。

さて、志望動機の構成順は下記の通り。

  1. 結論
  2. 魅力に感じた理由や根拠・自身とマッチする理由
  3. 志望する理由

弁護士の志望動機

まず、第一段落目で、どうしてその事務所を受けたのかの結論を話します。

【例文】

私が貴所を志望する理由は、貴所における業務内容や業務を行う体制が現事務所と共通する点が多く、すぐに即戦力として貢献できると感じたためです。また、将来パートナー弁護士としてキャリアを築きたいと考えており、貴所のパートナー制度を魅力に感じました。

第二段落以降で、先ほど書いた結論の根拠や理由を話します。

これまでの経験、経緯や自身が目指す姿などを具体的に述べ、それが魅力と感じた点にどのようにリンクしていくかを話します。

【例文】

私は自身で顧客を獲得し、パートナーとして事務所に貢献することが、何よりの社会貢献だと考えております。貴所では新規顧客の獲得を積極的にすすめており、一人ひとりが弁護士としてスキルの向上に力を入れております。また積極的に所内からパートナーへ昇格させる制度を設けており、キャリアアップできる体制をつくることで、弁護士としてプロフェッショナルであることを求めています。

最後に、再度志望する理由をまとめます。

【例文】

まさに私が目指す弁護士像を追求できる事務所であると考え、貴所を志望いたしました。

将来的にはパートナーとして、貢献することを希望しています。

構成をしっかりと組むことで、要点が伝わりまとまった志望動機になります。

 

司法修習生の志望動機

まず、第一段落目で、どうしてその事務所を受けたのかの結論を話します。

【例文】

貴所を志望しますのは、貴所が理念に掲げている「〇〇」に共感し、私自身も依頼者に寄り添い評価される弁護士になりたいからです。

第二段落以降で、先ほど書いた結論の根拠や理由・自身とマッチする理由

これまでの経験、経緯や自身が目指す姿などを具体的に述べ、にどのような部分が事務所と自分がマッチしているのかを話します。

【例文】

私は、専門的な知識で多くの問題を解決し人々の生活に貢献したいと考え、法学部に進みました。

トラブルを解決するためには、今まで勉強してきた知識に加え、私の長所でもあるチャレンジ精神や向上心が大切と考えております。(長所をアピールできるエピソードなどがあると尚よし)

最後に、再度志望する理由をまとめます。

【例文】

貴所は、労働問題など生活に密着している案件を多く扱っており、人々の生活に貢献したいと考えている私が目指す弁護士像に近づけると考えております。

上記のようにまとめるとスッキリとし、伝わりやすい志望動機が出来上がります。

司法修習生であれば業務経験がありませんので、自分をどのようにアピールすればいいのか悩む方もいらっしゃると思います。

そんな方は、下記のような内容も有効なアピール経験です。

  • どうして弁護士を目指したのか
  • 大学やサークル、アルバイトでの経験

【例文】

貴所は、労働問題など生活に密着している案件を多く扱っており、人々の生活に貢献したいと考えている私が目指す弁護士像に近づけると考えております。

【例文】

「在学中、法律サークルに参加しており、実際に困っている方々にアドバイスをさせていただく機会がありました。法的トラブルを一緒に解決する中で喜びをしり、法的知識をいかし社会貢献がしたいと考えるようになりました。」

法律事務所とインハウスローヤーは志望動機の内容に違いがある

法律事務所とインハウスローヤーは志望動機の内容に違いがある

志望先が企業か法律事務所かで注力すべき志望動機の内容は違います。

それは、業務の性質やそもそもの考え方の違いがあるためです。

法律事務所であれば、業務内容やパートナー制度など。

企業の場合は業務内容に加え、企業の考え方や方針などに共感を持ったなどの理由があげられるでしょう。

そもそも、法律事務所であればさまざまな企業や個人クライアントの案件を担当しますが、企業であれば自社を守るのが仕事です。

業務内容も、法律事務所はその事務所によって一般民事・刑事事件から企業法務までいろいろな業務をおこなっていますが、企業内弁護士は企業活動で生じる契約関連の業務、ガバナンスやコンプライアンス関連の業務、法的観点の相談やジャッジなど。

根本的にその法律事務所や企業のあり方、体制も大きく異なるため、各応募先に合った志望動機を考える必要があります。

 

志望動機や転職理由の例文

志望動機の例文

下記の志望動機例を参考にしてください。

 

【弁護士の例文】

私が貴所を志望する理由は、貴所は企業法務をメインとしており現事務所と業務範囲が共通しているので、すぐに即戦力として貢献できると感じたためです。また、将来的に企業法務に強いパートナー弁護士としてのキャリアを考えているからです。

現事務所で企業法務を経験し、大勢の人を抱える企業の活動を左右し影響を与える仕事にやりがいを感じていました。企業活動を支えることで、社会貢献につながると強く感じています。貴所では、企業法務をメインとし国内外幅広い業務に対応しているだけではなく、個人の新規顧客開拓もすすめており、積極的にパートナーに昇格させる制度があるので、将来的にパートナーを希望している私自身が求めている環境だと考えました。

また、多様な専門分野に長けた先生方が所属しておられますので、私のこれまでの経験をいかしスキルを高めることができる環境に魅力を感じます。さらに知識を深め、貴所に貢献したいと考えております。

 

【司法修習生の例文】

貴所を志望しますのは、貴所が理念に掲げている「〇〇」に共感し、私自身も依頼者に寄り添い評価される弁護士になりたいからです。

私は、専門的な知識で多くの問題を解決し人々の生活に貢献したいと考え、法学部に進みました。

トラブルを解決するためには、今まで勉強してきた知識に加え、私の長所でもあるチャレンジ精神や向上心が大切と考えております。(長所をアピールできるエピソードなどがあると尚よし)

貴所は、労働問題など生活に密着している案件を多く扱っており、人々の生活に貢献したいと考えている私が目指す弁護士像に近づけると考えております。

 

書類・面接対策も大事

書類・面接対策も大事

ここまで志望動機が大切とお話してきました。

しかし、いくらいい志望動機を作ったからと言っても履歴書・職務経歴書といった応募書類が作り込まれていなかったり、面接対策が出来ていなければ、内定はもらえません。

志望動機をしっかり作り込むのはもちろんですが、書類作成や面接対策も並行して行うようにしましょう。

こちらの記事では、履歴書・職務経歴書の作り方についてまとめています。

また、こちらの記事では面接対策についてまとめていますので参考にしてください。

弁護士の転職を大きく有利にするサービス

志望動機を含め面接や履歴書作成に自信がない方は、ぜひ弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)をご利用くださいませ。

リーガルジョブボードは弁護士・司法修習生など法務系専門の転職エージェントサービスです。

ご登録いただくと、ウェブサイトには掲載されていない、登録者限定の「非公開求人」を数多くご紹介いたします。

また転職エージェントは以下のサポートも提供するため、あなたの転職活動がグッと有利になります。

  • 選考突破のための書類・面接対策の徹底
  • 今のあなたが転職で実現できうる推定年収の算出
  • キャリアパスの策定やご相談
  • 求人の職場口コミやブラック度の情報提供

いま転職活動中の方、転職をうっすらと考えている方、どんなご相談にも乗りますのでお気軽にご連絡くださいませ。

※お急ぎの方は右下のチャットもしくはお電話(03-6774-8902)でも承ります!

 

まとめ

書類選考・面接で、志望動機はとても大切です。

採用側は、何名かのスキルを見てどの弁護士に内定を出すか迷ったとき、その人の人柄や考え方をみて決定することが多く、それをアピールするために志望動機はとても有効な項目だからです。

一度、志望動機を作り込んでいたとしても、応募する事務所や企業によって志望動機は変わってくることが多いでしょう。

そのため、応募のたびに志望動機は見直し、その応募先にふさわしい志望動機なのかをチェックすることが必要です。

志望動機を作り込み、他の応募者と差をつけましょう。

株式会社WILLCO 榊原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 榊原
司法書士・法務・弁護士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。