【弁護士】職務経歴書の書き方や例文・サンプル

【弁護士】職務経歴書の書き方や例文・サンプル

弁護士として就職・転職をする方へ向けて「弁護士の職務経歴書の書き方や例文」について本記事で解説します。

職務経歴書は履歴書と同じく選考結果を大きく左右します。

書き方に注意をしないと、あなたの魅力を十分にアピール出来ません。

そこで本記事では、経歴やアピールポイントが好印象で伝わる職務経歴書の書き方をご紹介します。

本記事は職務経歴書の書き方を説明していますが、「弁護士の履歴書」の書き方については下記の記事をご覧ください。

>> 弁護士の履歴書の書き方・例文・サンプル【転職のプロが解説】

 

弁護士の職務経歴書、履歴書のフォーマットおよびサンプル

職務経歴書をお持ちでない方は、以下のリンクからダウンロードしてください。

フォーマットやサンプル(例文付き)も掲載されています。

>> 弁護士の職務経歴書フォーマット・例文サンプル付き(Word)

 

目次

弁護士の職務経歴書の3つのポイント

  ①続きを読みたくなるような要約を意識

  ②選考先のニーズに合わせて自身のアピールポイントを定める

  ③分かりやすく書く

職務経歴書の書き方・例文

  要約

  職務経歴

  業務内容

  資格・スキル

     自己PRの書き方

書く内容が思いつかない場合や添削を受けたい場合

まとめ

 

弁護士の職務経歴書の3つのポイント

弁護士の職務経歴書を書くポイント3つ

職務経歴書を書く前に、作成するためのポイントをまとめます。

下記の3つのポイントに気を付けることで、あなたの魅力を最大限にアピールすることができます。

 

①続きを読みたくなるような要約を意識

要約は、その職務経歴書が最後まで読まれるかどうかを左右します。

弁護士の業務スキルや、未経験の場合、学生時代や前職での実績など、すべてを書く必要はありません。

アピールとして有効な部分を選定し、経験や実績を簡明にして記載しましょう。

 

②選考先のニーズに合わせて自身のアピールポイントを定める

選考先の事務所や企業によって、求めている人材は違います。

「契約法務経験が多い弁護士が欲しい」「マネジメント能力のある弁護士を採用したい」などさまざま。

具体的にどのような人材を求められているのかは、求人票に書かれていることが多いです。

その選考先のニーズと自身の強みを比較し、何をアピールポイントとして伝えれば響くかを都度洗い出しましょう。

 

③分かりやすく書く

分かりやすい職務経歴書は「有望な人材」を印象付ける効果があります。

分かりにくいと最後まで読まれないことが起きるため、できるだけ分かりやすい書類作りを徹底しましょう。

  • 体言止めを用いる
  • 一文を短くする(すぐに「。」を打つ)
  • 情報が羅列する場合は箇条書きで表現する

以下の点を踏まえると、分かりやすい職務経歴書を作成することができます。

 

職務経歴書の書き方・例文

以下の例文に沿って、ひとつひとつ書き方やポイントを解説します。

職 務 経 歴 書

氏名         

要約

〇〇大学院修了後、〇〇年の司法試験に合格いたしました。

合格後、〇年間〇〇法律事務所にて、大手企業やベンチャー企業の企業法務に従事し、契約業務をメインにM&A案件の対応や国内外取引等の渉外対応なども行い、幅広い業務経験があります。

主に大手メーカーの契約業務をおこなっていましたが、ITをはじめ食品業界などさまざまな業界に対応できます。

職務経歴
  • 〇〇年〇月~現在 〇〇法律事務所
    業種:弁護士 従業員:〇人 
    資本金:〇〇〇円 年収:〇〇円
業務内容

▼ジェネラルコーポレート

  •  契約法務-取引基本契約、秘密保持契約、投資契約、業務委託契約 など
    (ドラフティング8割 レビュー2割)
  • コンプライアンスー社内コンプライアンス研修講師

▼戦略法務

  • M&A-デューディリジェンス、業務提携や事業譲渡に関する契約締結
  • 渉外案件-国際商取引に関するアドバイス 

▼労働法

  • 解雇、退職勧奨等に関する相談や対応
  • 就業規則の作成など

▼民事案件

  • 一般民事における法律相談、訴訟業務(債務整理、交通事故、離婚など)
資格
  • ◯◯年 司法試験予備試験 合格
  • ◯◯年 司法試験 合格
  • 〇〇年 普通自動車第一種運転免許 
英語スキル
  • TOEIC850点
  • 実用英語技能検定1級
PCスキル
  • Word
  • Excel(マクロ関数可)
  • PowerPoint
自己PR

企業法務をメインに、様々な法律実務経験を積んでまいりました。さまざまな業界の企業と関わる中で、知識を深めるための向上心と、クライアントの意図を汲み取り連携をするためのコミュニケーション能力をいかし、多くの法律問題を解決してまいりました。

また、留学経験での語学力をいかし、海外進出を図る企業の渉外案件に多く携わってきました。現地との交渉や英文で契約のレビューなどは問題ございません。

今後は、語学力や企業法務経験をいかし、海外展開やM&Aなどの戦略法務のスキルを更に磨いて、従事していきたいです。

 

要約

要約は職務経歴を端的にまとめるだけではなく、弁護士としてアピールできるスキルもあわせて記載すると好印象を与えます

以下のような切り口で書くと良いでしょう。

  • どんな実績を残してきたか
  • どんなスキルを身に付けてきたか
  • どんな役割で業務をこなしてきたか

これらの情報を踏まえることで、続きを読みたくなる職務経歴書が作られます。

 

職務経歴

職務経歴は、新しいものから順に記載します。

記載する際は、下記の内容をセットにして書きましょう。

〇〇年〇月~現在 ○○(事務所や企業名)
業種:〇〇 従業員:〇人 
資本金:〇〇〇円 年収:〇〇円

従業員数などの情報を書くのは、あなたがどのような職場の雰囲気で業務に従事していたのかを伝えるためです。

採用担当者は仕事環境でのマッチングを見る場合もあるため、このあたりの情報を添えておくことは大切です。

ちなみに、職務経歴書に書いた職場環境と選考先の職場環境が大きく異なる場合でも、それがマイナス評価に繋がることはありません。

 

業務内容

業務内容は、今までのスキルをアピールするために重要な項目です。

詳細に記載しなければいけませんが、見やすさを意識します。

上記の職務経歴書サンプルにも記載したように、

▼業務区分

  • 業務の詳細
  • 業務の詳細

このように、箇条書きなどを用いて見やすく作成しましょう。

 

資格・スキル

司法試験予備試験や司法試験の合格年度を必ず記載しましょう。

採用担当者は、あなたが何期生なのかを把握する必要があるためです。

また、取得した資格はすべて記載。

弁護士以外に公認会計士や中小企業診断士など、ダブルライセンスを持っていると強みになる資格があります。

弁護士業務に無関係の資格であっても、漏れがないよう注意が必要です。

自己PR

自己PRの書き方

自己PRは、選考先が、「あなたがどのような人材なのか」を読み解くために重要になります。

経歴を書くのではなく、長所やスキルをアピールしましょう。

自己PRを書くときは

  • 書き始めは、今までの仕事を通して、経験したことや自身の仕事スタイルなどを記載。
  • 今までの経験から、どんなことが出来るのか、得意なのかをアピール。
  • 入社後は、どのようなことをやっていきたいのか。なぜそう思うのか。

上記の内容を盛り込んで記載すると、まとまった自己PRの作成ができます。

書く内容が思いつかない場合や添削を受けたい場合

弊社LEGAL JOB BOARDなら、書類の添削やアドバイスに踏まえ、模擬面接など、転職に関する支援をすべて無料で実施させていただいております。

ご興味がある方・書類や面接対策でご不安のある方はぜひご連絡くださいませ。

まとめ

職務経歴書を書くためのポイントをまとめて解説しました。

履歴書も含め、書類の内容によって内定率は大きく変わります。

本記事を参考にし、書類選考を見事突破していただければ嬉しいです。

Icon 1 この記事を書いた人
弁護士(法務)・司法書士専門エージェント 榊原

弁護士(法務)・司法書士専門エージェント 榊原

弁護士(法務)・司法書士専門のエージェントです! 素晴らしい転職となるように、求人票だけではわからない部分(働きやすさや、社風、代表の人柄など)もしっかりと調査しているので、ひとりひとりに合った転職先をご紹介します。

他のおすすめ記事

司法書士の転職はLEGAL JOB BOARD
弁理士・知財の転職はLEGAL JOB BOARD