1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 特許技術者の記事一覧
  3. 特許技術者とは?業務内容や年収・なり方や必要なスキルを解説
特許技術者とは?業務内容や年収・なり方や必要なスキルを解説

特許技術者とは?業務内容や年収・なり方や必要なスキルを解説

こんにちは。特許技術者の転職エージェント「リーガルジョブボード」の森田です。

今回は、「特許技術者の業務内容や年収、必要なスキル」について詳しく解説します。

具体的な内容は以下です。

  • 特許技術者とは?
  • 特許技術者の年収や仕事内容
  • なり方や求められる条件
  • 将来性や需要
  • 特許技術者に転職する方法

特許技術者に少しでもご興味がある方や、転職の選択先としてご検討されている方はぜひお読みください。

株式会社WILLCO 森田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 森田
弁理士や特許技術者・知財部員などの知財職種を専門とした株式会社WILLCOの転職エージェント。多数の紹介実績を持つ。希望に沿った就職・転職先の紹介や、 転職相談会・キャリアカウンセリングを随時開催中。転職のちょっとした疑問や心配ごとでもご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。

特許技術者とは

特許技術者とは

特許技術者とは、特許事務所に所属し特許実務を担当する所員です。

弁理士資格を持っていない方を指します。

弁理士には資格が必要ですが、特許技術者には特別必要な資格はありません。

特許技術者の多くは、弁理士を目指しています。

弁理士と特許技術者の違いについては下記の記事で詳しくまとめています。

特許技術者の業務内容

特許とは、発明を保護する制度です。

特許申請をするためには、新しい発明をしたことを特許庁に申請します。

その特許申請に関する明細書を作成するのが、特許技術者のメイン業務です。

 

明細書とは、発明を説明した書類で、その分野の技術者が発明を実施することが可能なほど詳しく記載しなければいけません。

ですので、分野の知識がある人物でないと明細書を作成することは出来ないので、専門知識を持った特許技術者や弁理士などが作成します。

特許技術者が行う業務内容は下記のようなものがあります。

  • 明細書の作成
  • クライアントや発明者へのヒアリング
  • 特許庁などのやり取りに必要な書類作成

業務内容は弁理士とほとんど同じですが、特許権などの産業財産権を取得するための特許庁への手続き業務は弁理士しか行うことが出来ません。

クライアントのヒアリング内容を把握し、明細書に落とし込みをしなければならないため、専門的な知識が必須。

機械・化学・IT・電子など様々な分野があり、特許事務所やその企業によっても、必要とされる分野は違います。

 

特許技術者の年収

特許技術者の年収

特許技術者の年収は、「特許事務所」で働くか「企業知財部」で働くかによって変わります。

特許事務所

特許事務所で働く特許技術者の年収は約600万円です。

ただ、未経験や経験年数などによって変化します。

弁理士資格を取得後は、年収がアップする可能性も。

特許事務所でキャリア形成をするためには、まず特許技術者として働きながら弁理士資格取得を目指す方がほとんどです。

 

企業の知財部員

企業知財部で働いた場合、平均年収は約700万円程度。

特許技術者として知財業務経験があれば、企業知財部で働き始める方もいます。

企業知財部で勤務すると、特許技術者ではなく「知財部員」になります。

一般企業なので経験やスキルで年収は変わりますが、特許事務所のように弁理士資格取得で年収が上がることはありません。

 

特許技術者のなり方

特許技術者になるには特に必要な資格はありません。

特別、これをしないと特許技術になれないというものはないです。

求人サイトなどで特許事務所の求人があれば、誰でも応募できます。

特許技術者の求人をお探しの方、就職で不安や疑問がある方は

弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)にご相談ください。

求人のご紹介からちょっとしたお悩み・ご不安までサポートさせていただいております。

 

特許技術者に求められるスキルや背景

必要なスキルは理系の専門的な知識。

  • 理系大学出身
  • メーカーのエンジニア

など、理系出身者で各分野に深い知識を持っていることが必須条件です。

特に、機械系や電気系の素養があれば多くの求人があります。

また、未経験であれば若いうちに挑戦した方が、採用率は高いです。

特許技術者のキャリアアップ

特許技術者のキャリアップ

特許技術者がキャリアアップするには、まず弁理士資格を取得を目指す方が多いです。

弁理士資格を取得すると

  • 年収が上がる
  • 昇進するチャンスが生まれる
  • 独立できる

など選択肢が生まれます。

弁理士になる前と後で業務内容はほとんど変わらないため、資格取得後も即戦力として働けます。

 

将来性や需要

時代や国の政策によって新たな開発は進んでいくため、今後も特許業界は必要とされます。

さらなる市場価値の向上として、以下を踏まえることが大切です。

  • 弁理士資格の取得
  • 語学のスキルアップ
  • 分野知識を更に深める

詳しくは下記の記事をご覧ください。

特許技術者に就職・転職する方法

特許技術者の就職・転職

特許技術者を募集する事務所は多数ございます。

どの事務所が一番自分に合うのかを見極めることは大切なので、事務所選びは慎重に行いましょう。

また、特許技術者の求人は以下に掲載されています。

>> 特許技術者の求人一覧

※応募する前に以下の記事もチェックしておくと、内定率が上がります。

弁理士・特許技術者のおすすめの求人

弁理士や特許技術者の転職をご検討されている方は、ぜひ弊社リーガルジョブボードの求人もご覧になってください。

実は、弊社のような転職エージェントサービスをご利用いただくと、内定の可能性が大きく上がります。

その理由は以下の記事に書かれています。

弊社では求人紹介以外にも様々なサポートを承っております。

前述した書類対策はもちろん、

  • サイトには掲載されていない非公開求人のご紹介
  • 転職サポート(年収アップの代理交渉や面接対策など)
  • キャリアパスやキャリアステップのご相談

など積極的にサポートいたしますので、どうぞご利用くださいませ。

気になる方や、匿名でお話を聞いてみたいという方は右下のチャットからお気軽にご連絡ください。

 

まとめ

以下は本記事のまとめです。
  • 特許技術者とは、特許事務所に所属し特許実務を担当する所員で、弁理士資格を持っていない方のこと
  • 特許技術者に特別な資格は必要ない
  • 年収は約600万円程度
  • 特許技術者がキャリアアップするためには、弁理士資格取得を目指す
  • 今後も将来性、需要はある
株式会社WILLCO 森田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 森田
弁理士や特許技術者・知財部員などの知財職種を専門とした株式会社WILLCOの転職エージェント。多数の紹介実績を持つ。希望に沿った就職・転職先の紹介や、 転職相談会・キャリアカウンセリングを随時開催中。転職のちょっとした疑問や心配ごとでもご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。