1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 弁理士の記事一覧
  3. 弁理士はやめとけと言われる理由4つと向いている人の特徴
弁理士はやめとけと言われる理由4つと向いている人の特徴

弁理士はやめとけと言われる理由4つと向いている人の特徴

弁理士や特許技術者になろうと考えている方の中に

「"弁理士はやめとけ"とよく聞くが、実際どうなんだろうか?」

という悩みをお持ちの方はいらっしゃるでしょうか。

弁理士を目指そうと思っても、そのような噂があるとなかなか転職の決心がつかないですよね。

そこで本記事では、「弁理士はやめとけと言われる理由」を解説します。

ちなみに弁理士と常日頃接触している私としては、個人的には弁理士はおすすめの職種です。なので、弁理士になるメリットや向いている人の特徴もあわせて紹介します。

※弁理士や弁理士のアシスタント(特許技術者)になろうかどうか悩んでいる方は、転職相談や求人紹介もさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

特許事務所の求人をお探しの方はこちら

▶︎ 弁理士の求人

▶︎ 特許技術者の求人

▶︎ 特許事務の求人

株式会社WILLCO 三島善太
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 三島善太
弁理士・特許技術者などの知財や特許職種を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。紹介実績は業界最大級。求人票には載っていない企業・事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいていますので、お気軽にご連絡ください。

『弁理士はやめとけ』と言われる理由

なぜ弁理士はやめとけと言われているのか

弁理士は特許申請や特許出願を行う知的財産のプロといわれる職種です。

資格取得も難しくはありますが、専門性が高く、技術者などは自身の技術分野を活かせるので弁理士を目指したいと考える方もいらっしゃいます。

しかし、近年では「弁理士はやめとけ」という話もちらほら聞こえてきているのが現状です。

下記では、弁理士はなぜやめとけと言われているのか理由を解説していきます。

 

志願者数・合格者が増加傾向にあり、飽和してきているから

弁理士の登録人数が増加傾向にあるため、飽和状態にあるといわれています。

2013年ごろに10,000人を超え、伸びは緩やかにはなってきましたが2021年では11,513人になりました。

資格さえ取ればどうにかなるといわれる時代もありましたが、弁理士だけではなく弁護士などの別の士業職種でも、資格だけでは食べれなくなったという話をよく聞くようになりました。

弁理士に限らず、資格を取得したからといってそれだけで高給与を得る時代ではなくなったようです。

 

ブラック事務所が存在するから

働き方改革の波に乗り、働きやすい事務所が増えている一方、実際ブラック事務所が存在するのは事実です。ブラック事務所とは、

  • ノルマが厳しくて、上司からパワハラを受ける
  • どれだけ頑張っても薄利多売性で給与が上がらない
  • 業務が多く残業続きで体力が持たない

など。

ただ、このような職場は弁理士に限った話ではなくどの職種でも存在します。

口コミや転職エージェントを使って情報を集めながら転職活動を行えば、ブラックな職場を回避することは可能です。

 

「弁理士=高収入」とは限らないから

年収は出来高制のところが多いので、誰しもが高収入といったわけではありません。

しかし特許事務所勤務弁理士の平均年収は700万円〜750万円といわれていますので、基本的には一般的なサラリーマンよりも高所得といえます。

年収が低いと感じる弁理士は、「実務能力がまだ身についていない若手」や「メーカーなどに勤務をしており、弁理士ではあるがほかの職種と給与水準が同等」などが考えられます。

またごく稀ですが不当な低賃金の特許事務所に勤務してしまっているということもあり得ます。

 

最低でも2〜3年の下積が必要だから

弁理士は専門性が高く、一人前になるためには最低2,3年ほどの下積みが必要だといわれています。

資格自体もかなりの難関ですが、取得後さらに下積みが数年と考えるとやめとけと言われる理由の一つです。

この下積み期間をどのように過ごすかで、今後のキャリアが大きく左右されます。

やはりキャリアをスタートさせる事務所はとても大切なので、慎重に選ぶことが重要です。

特許事務所の求人をお探しの方はこちら

▶︎ 弁理士の求人

▶︎ 特許技術者の求人

▶︎ 特許事務の求人

弁理士になるメリット5つ

Business person standing with bl (1)-min本当にやめるべきか検討、弁理士をおすすめする5つの理由

上記で弁理士はやめとけと言われる理由についてお話ししましたが、転職エージェントの私としては弁理士はおすすめできる資格の一つだと思っています。

今回は5つのおすすめする理由を紹介いたします。

 

①世界的に弁理士の価値が増加しているから

実は弁理士のニーズは世界的に増えており、これは物流や通信の発達で、国境なくビジネスを展開できるようになったためです。

アップルとサムスンの特許訴訟など知財に関する事件もあり、より知財の重要性が叫ばれています。

世界では損害賠償額を引き上げる動きがあるため、知財業界で働く弁理士は必要不可欠な存在です。

そういった流れから、英語力がある弁理士は今後活躍の場が減るといった心配はないでしょう。

 

②サラリーマンよりも年収は高いから

先ほどもお話ししましたが、弁理士の平均年収は700万円〜750万円です。

日本の一般的な平均年収(約420万円)と比較すると、弁理士の年収は高給であると言えます。

スキルや勤務先によって年収は変わるため、すべての弁理士が平均を確実に稼ぐとは言えませんが、サラリーマンよりも稼いでいる方が多いのが現状です。

また、上記では「やめとけと言われる理由」として書きましたが出来高制の給与形態は一概に悪いとは言えません。

働いた分だけ稼げるということですから、自分の実力次第で高給与も得る可能性があるということです。

 

③様々な働き方が可能があるから

実は弁理士は様々な働き方を選択することが可能です。

特許事務所の中には、テレワーク可能やフレックス制などといった職場もありますし一般的な企業よりも自由に働けます。

そういた職場を選ぶことにより、病気や子育てでブランクができた方も復帰しやすいです。

 

④弁理士資格はパスポート、独立開業ができるから

弁理士資格を取得することで、就職・転職が有利になることがあります。

知財ビジネスを行う企業や知財部を設ける企業は増えていますので、弁理士の活躍の場は特許事務所だけではなくなってきました。

また、独立開業がしやすい職種でもありますので、キャリアの築き方も自由度が高くおすすめできる理由の一つです。

 

⑤技術研究や開発経験者はその知識を活かすことができるから

今技術研究や開発研究の経験がある人は、その知識を最大限に活かすことができるのが弁理士です。

弁理士が特許出願の際、技術について詳しく書いた明細書を作成しますので、その技術について深く理解をしていたほうが質の高い明細書を作成することができます。

そのため、研究者や開発者から弁理士になる方は多くいらっしゃいます。

中には弁理士資格を持っていなくても、特許技術者として特許事務所で経験を積みながら弁理士を目指している方もいらっしゃいます。

キャリアについて悩みや相談がある方はぜひ弊社の転職エージェントにご相談ください。

弁理士・特許技術者へキャリアチェンジのご相談はこちら

 

弁理士に向いている人の特徴

弁理士に向いている人の特徴

次に弁理士に向いている人の特徴をお話ししていきます。

 

情報収集能力が高い人

弁理士の花形業務として「特許出願書類、明細書の作成」がありますが、この書類を作成するためには、情報を収集してまとめる能力が必要不可欠です。

明細書は特許申請する新たなアイデアの技術に関する知識・商品発売の背景・市場の動向などを理解し、このアイデアがどれほど新しいものなのかを書面にまとめます。

そのためそういった知識を収集する能力を求められます。

また技術に関することだけではなく、法改正など分野に関する最新情報を常に仕入れておかなければなりません。

そういったことを常に収集できる方や、アンテナを常に張り巡らせることができる方が弁理士には向いています。

 

新しいことに興味を持てる人

弁理士は、新しいアイデアが世に出る前にいち早く目にすることができます。

新たなアイデアや発見に興味を持てる、知的好奇心が旺盛な方に弁理士は向いています。

また国内だけではなく、他国への出願業務を行う事務所も多いですので、グローバルな視点で世界の動向を楽しめる方も弁理士に向いています。

自分が特許を担当したアイデアが世界を大きく動かした、といった可能性がある仕事なのが弁理士の魅力でもあります。

そういったことに楽しみを見出せる方にとって、弁理士は天職と言えます。

 

理論的に物事を説明できる人

特許申請の際、スムーズに通過すればいいのですが、特許権付与は妥当ではないという「拒絶理由通知」が届く場合があります。

そんな場面で弁理士は特許権を得るため、審査官に特許権を付与する理由を説明します。

本来なら特許を得られるはずの内容であっても、説明する力が弱いと審査を通過できないこともあるため、弁理士の腕の見せ所でもあります。

そのため結果に対ししっかりとした理解を持ち、理論的に説明できる方はこういった業務にも向いています。

またそういった弁理士がクライアントからの信頼も得やすく、リピートされる弁理士になります。

 

勉強意欲がある人

弁理士は新しいアイデアや開発の技術を常に勉強していく必要があるため、勉強意欲が高い人に向いている傾向にあります。

また知財に関わる法律面でも勉強をしておかなければいけないため、勉強を維持するのが苦にならない方がいいでしょう。

また自身の得意とする分野の新しい発見を追い求めたいといった方も多くいらっしゃいます。

そういった勉強意欲や追求心が弁理士には必要です。

特許事務所の求人をお探しの方はこちら

▶︎ 弁理士の求人

▶︎ 特許技術者の求人

▶︎ 特許事務の求人

生き残る弁理士になるために

生き残る弁理士になるために

上記でも少し触れましたが、弁理士資格を取得したからと言って自身が満足するほど稼げるかというと、そういうわけではありません。

そこで生き残る弁理士になるためには何が必要なのかを解説していきます。

 

付加価値を身につける、ダブルライセンスなど

まずは付加価値を身につけ、差別化を図ることをおすすめします。

クライアントはただ自社のアイデアを出願してくれるだけではなく、知財戦略や出願方針などを提案してくれる弁理士を頼りたくなります。

なので、ヒアリングを行う際は積極的に提案する姿勢を見せるのもいいでしょう。

また他の弁理士と自分は違うぞと明確に見せるためにダブルライセンスを持っている人もいらっしゃいます。

例えば中小企業診断士の資格を併せ持っていると、経営面でも相談できる弁理士として中小企業から相談を受けるケースもよくあります。

指導力を身に着ける

弁理士は業務指導がなかなか難しいといわれているため、新人を指導できる人物はかなり重宝されます。

実際、我々転職エージェントに「指導経験がある弁理士はいませんか?」っと事務所やメーカーからご相談を受けることもあります。

1人での業務には限界がありますが、人を育て業務量を増やし職場を盛り上げることは事務所にとっても、自身にとってもメリットは大きいです。

 

AIをうまく活用する

これからAIをうまく活用することは必須の時代になってきます。

AIは業務を奪う、脅威だ!と書いてある記事が多くありますが、AIとうまく活用していくのがこれからの課題です。

すでに商標分野でAIを利用している部分もあり、弁理士の負担を軽減してくれています。

新たな技術に強い弁理士だからこそAIをうまく活用できるでしょう。

 

幅広い技術分野に対応できるようになる

弁理士も専門の得意分野はありますが、その分野だけしかできないとどうしても案件数には限界があります。

例えば今後成長されるであろうAIや情報分野を身につけたり、電気分野が得意であれば電子や制御、電装、半導体、など、得意分野からどんどん広げていってもいいと思います。

対応できる分野を増やすことも生き抜くためには必要です。

 

出願業務以外の業務経験を有している

出願業務は弁理士のメイン業務ですが、コンサル、発明発掘、特許調査などの出願以外の業務経験も強みになります。

例えば弁理士もクライアントとの関りはかなり重要なため、コンサル経験がある方はしっかり話を聞いたうえで問題を解決に導く能力が非常に大事です。

コンサル経験がある方はそういった能力にたけているためリピーターを得やすい傾向にあります。

そういった強みになる経験がある方には弁理士はおすすめできます。

 

まずは特許技術者でスキルを身につける

まずは特許技術者でスキルを身につける

現職を続けながら弁理士を目指すのもいいですが、特許技術者になって特許事務所で働きながら資格取得を目指す道もあります。

特許技術者とは、特許事務所に所属し特許実務を担当する所員を指し、特別必要な資格はありません。

法律では弁理士の専権業務が定められていますので特許などの出願は弁理士の名義で行いますが、業務範囲は近しいため学びながら弁理士を目指すことができます。

弁理士・特許技術者へキャリアチェンジのご相談はこちら

特許技術者からスタートするメリット

特許技術者からスタートするメリット

特許事務所で働きながら弁理士を目指すのはメリットが多く、例えば特許技術者の平均年収は約600万円で、日本の一般的な平均年収(420万円)と比較すると、特許技術者の年収は高給であると言えます。

また、ほとんどの特許事務所は弁理士資格取得を推薦しており、

  • 弁理士資格を目指す特許技術者には、残業をさせない
  • 弁理士試験前に、特別に休暇をもらえる
  • 弁理士試験対策のための講座に参加できる

といった待遇の職場もあります。

一般企業で働いていると、資格取得のための融通がきかない場合が多いでしょう。

業務自体が試験に関わるような内容なので、実践でスキルを磨きながら学んでいくことも可能。資格勉強と両立を考えるのなら断然特許事務所で特許技術者として働きながらの方が効率が良いといえます。

 

自分に合う特許事務所の選び方

自分に合う特許事務所の選び方

弊社リーガルジョブボードでは数多くの特許技術者求人をご紹介しています。

転職エージェントから見て、実際事務所を選ぶときはどういった部分を見ればいいのか、どういったことは必要なのかをお話ししていきます。

案件量が豊満な事務所を選ぶ

業務をしっかり身につけたい方は、案件量が豊富な事務所がおすすめです。

多くの案件を取り扱う事務所はその分、自分自身も多くの案件を担当することになります。

実力をつけるためにはやはり経験値を積むことが大切なので、そういった事務所を選ぶことをお勧めしています。

また案件数だけではなく、事務所によって得意とする技術分野は違うことが多いため自分がどういった分野を中心にやりたいのかを見極めたうえで事務所を選ぶのもよいです。

 

働き方を重視している事務所を選ぶ

ワークライフバランスを大切にしてる方は働き方を重視している事務所を選ぶようにしましょう。

実際、弊社リーガルジョブボードが扱う求人にもリモートOKやフレックス制のものは数多くあります。

そういった働き方が増えてきたおかげで、弁理士は以前より病気や子育てなどから復帰がしやすい環境であるのも魅力です。

中には残業が多くてもいいから案件をたくさん経験したいといった方もいると思いますので、自分の働きたいスタイルに合った事務所を選ぶとよいです。

 

成果主義の事務所を選ぶ

自分の実力でしっかり稼ぎたい方は、成果主義の事務所を選ぶことをお勧めします。

弁理士自体、出来高制といった事務所も多いですので、自身の頑張りが反映される事務所は見つけやすいです。

また事務所によっては将来的にパートナーといった、株式会社に置き換えて言うと「共同経営者」「社内取締役」という立場になれる事務所もあります。

自分のキャリアを見据えてそういった制度がある事務所を選択するのもいいでしょう。

 

教育制度が整っている事務所を選ぶ

弁理士試験に受かったばかりの方やまだ新人弁理士は、教育制度が整っているかどうかをチェックするようにしましょう。

特許事務所によっては教育制度が整っておらず、教えてもらえない、なのにどんどん案件だけふられて切羽詰まった状態になってしまうという新人は働きづらい状況になってしまうことがあります。

ある程度経験を積んだ弁理士であれば問題ないですが、学ぶ段階の方にとってはとても大変ですので、教育制度についても事務所を選ぶ際は注意してください。

 

代表の考え方や事務所のビジョンを見て、将来性も加味して決める

代表の考え方や事務所のビジョンもチェックすることはとても大切です。

自分の考えややり方とマッチしない事務所だと、働きながら不満が生じる場合があります。

また小規模事務所であれば代表の人柄が大きく反映される傾向が強いため、代表と合わなければ長くは働けません。

面接時で見極めることも大切ですし、ホームページの代表のあいさつやSNSなどをチェックして人柄を探っておくほうがよいでしょう。

 

弁理士・特許技術者へキャリアチェンジのご相談はこちら

 

事務所をどう見極めるのか

事務所をどう見極めるのか

入所前に事務所を見極めるのはなかなか難しいのですが、入った後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために集められる情報は集めましょう。

下記ではどうやって見極めるのかをお話ししていきます。

 

転職エージェントサービスを活用する

まずは転職エージェントサービスを利用するという方法があります。

転職エージェントは求人の紹介や事務所の働き方など詳しい情報を持っている場合があります。

例えば弊社リーガルジョブボードは、「特許事務所の求人数はトップクラス」なので、弁理士だけではなく特許技術者の転職にも非常に強いのが特徴です。

特許技術者として経験を積みながら、弁理士資格の取得を目指せる事務所の相談はもちろんのこと、まだ迷っているといった方の相談やアドバイスも行っています。

またリーガルジョブボードに掲載している求人先には、エージェントが直接訪問もしくは電話訪問して「職場の雰囲気」「所内の人柄」「新人教育のやり方」などをヒアリングしているので、あなたが応募したい求人の内情を詳しく聞くことができます。

また、応募書類の添削・面接対策などもおこない内定率アップを目指します。

今すぐではないけど転職や就職を少し検討してるといった方にも、その方のペースに合わせて転職のお手伝いをさせていただいております。

今はまだ情報を集めるだけという方でも、ご活用いただけますのでぜひご相談ください。

弁理士・特許技術者へキャリアチェンジのご相談はこちら

 

面接の逆質問タイムや事務所見学を有効活用

面接の逆質問タイムや事務所見学を実施しているところは有効活用をして、気になることを聞き出しましょう。

選考や事務所見学は、実際の職場について知るための絶好のチャンスです。

下記のようなポイントを抑えて面接や事務所見学に臨みましょう。

  • あらかじめ質問したい内容を準備しておく
  • 所長の考えや方針、事務所のビジョンを確認する
  • 大手事務所の場合は、部署が様々のため入職後に上司や同僚になる人物に会わせてもらう

 

知財業界で働いている友人に確認をとる・口コミをリサーチする

ある程度希望の事の務所が定まってくれば、その事務所の情報を集めるようにします。

そういった時、知財業界で働いている友人に聞いてみたり、口コミをリサーチするのも情報を集める一つの方法です。

悪い噂がある事務所であれば、ネットで口コミが出ている場合もありますし業界で働いていれば自然と耳に入ってくるかもしれません。

そういった情報は形を変えて話が大きくなってしまっている可能性があるので、すべて真に受けるのは危険ですが、その情報と自分が面接や職場見学で感じた部分をみて総合的に判断するのがベストです。

 

まとめ

「弁理士やめとけ」と噂になっていましたが、実際弁理士は将来性があり、自身の頑張り次第で様々なキャリアが築けるおすすめの職種です。

特に技術者や開発者の方は今ある知識や技術を活かせるので、キャリアに不安がある方や知財業界に興味のある方はぜひ弊社リーガルジョブボードの転職エージェントにご相談ください。

知財業界が未経験の方だけではなく、もちろん経験者の方や今すぐ転職は考えてないけど特許事務所の口コミや評判が知りたいといった方も大歓迎です。

弁理士や特許技術者に興味がある方は、ぜひ一緒に理想のキャリアを手にいれましょう。

弁理士・特許技術者へキャリアチェンジのご相談はこちら

株式会社WILLCO 三島善太
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 三島善太
弁理士・特許技術者などの知財や特許職種を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。紹介実績は業界最大級。求人票には載っていない企業・事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいていますので、お気軽にご連絡ください。