1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 特許・知財事務の記事一覧
  3. 2020年版|コロナによる特許事務の転職難易度や転職市場を解説
2020年版|コロナによる特許事務の転職難易度や転職市場を解説

2020年版|コロナによる特許事務の転職難易度や転職市場を解説

こんにちは。

特許事務の転職エージェント「リーガルジョブボード」の三島です。

今回は「コロナによる特許事務の転職市場への影響」に関する直近の情報について共有します。

これから特許事務の職種に転職を検討している方や、現在、特許事務として働いている方はぜひ読んでください。

特に、以下のような疑問がある場合は読むことをおすすめいたします。

「コロナ禍にある中で転職活動を始めてもいいのだろうか?」

「コロナの影響で転職の難易度は上がっているのか?」

「コロナ禍でも採用される傾向にある弁理士の特徴を知りたい」

それでは、特許事務の最近の転職市場について解説します。

株式会社WILLCO 三島善太
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 三島善太
弁理士・特許技術者や知財・特許系職種を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。紹介実績は業界最大級。求人票には載っていない企業・事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいていますので、お気軽にご連絡ください。

コロナ発生から現時点までの特許事務の「求人数」の変化

まずは、コロナによる特許事務の求人数への影響から解説します。

 

特許事務の求人数は完全に回復した

弊社リーガルジョブボードに掲載されている特許事務の求人数は、弁理士の求人同様、緊急事態宣言が出た2020年4月から5月末にかけて大きく減りました。

しかし、2020年6月から現時点にかけて求人数は増え続け、求人数自体はコロナ前の時期と同じ求人数に戻りました。完全回復です。

ただし、求人の「募集条件」には変化が現れています。

 

「未経験採用の求人」が減り「経験者採用の求人」が増えている

求人数はコロナショック前後で変わりませんが、「経験者を歓迎する特許事務の求人」の割合は増えています。

そのため、特許事務の実務経験がない求職者様にとっては、以前よりも転職ハードルが上がっている状況です。

未経験者の採用が減っているのは、コロナによる経営面への不安や懸念が大きく影響していると予測されます。

未経験者の育成より、経験者による内部強化をまず優先し、その上で育成に注力していく経営プランを考えている事務所が多いようです。

もちろん、未経験者を歓迎する特許事務の求人が全くないわけではありませんが、割合が少ない状態です。

特段、転職を急かすわけではありませんが、実務未経験者で特許事務として就業を検討されている方は、求人が現状取り合い状態となっているので、興味のある求人が見つかり次第早めにご応募いただくことを推奨いたします

※今すぐ転職相談をしたい場合は、右下のチャットやお電話(03-6774-8902)、またはLINEで承ります。

LINEで転職の相談をする(無料)

 

特許事務は経験者・未経験者ともに「英語力」が求められている

特許事務を志望する方には「英語力」が求められます。

他の職種は若手人材が優遇されますが、特許事務の場合、英語力があれば年齢はほとんど関係なく採用の対象となります。

コロナショック前から英語力については求められておりましたが、現在は、特許事務所のより強い要望に変わってきました。

ここでの「英語力」とは「読み書きができるかどうか」です

一方で、「会話」「話す」といったスピーキング力はあまり求められません。とにかく大事なのは英語による読み書きです。

また、知財系の職種で一般的に求められる英語力の基準は「TOEIC700点~800点以上」であることがありますが、どちらかというと「実務英語」ができるかどうか見られています。

  • 英語を書くことや読むことに抵抗はないか
  • これまでの実務経験の中で、英語の読み書きを含んだ経験があるか

上記の経験があれば歓迎されるでしょう。

現在、英語力を求める求人が、特許事務の求人全体の8割を占めています。

ただし、英語力を問わない即戦力や未経験でも若手の人材を求めているケースもあります。

※特許事務の求人紹介を受けたい方や、「受かりそうな求人」「今よりも年収が上がる見込みのある求人」を知りたい方は、下記のLINEからご連絡いただければご紹介いたします。

LINEで転職の相談をする(無料)

 

特許事務の転職成功の鍵は「書類選考」

特許事務は、書類選考後の内定率が他の職種に比べて「高い」傾向にあります。

弊社リーガルジョブボードの登録者様ベースの話ですが、弁理士・特許技術者の方よりも、特許事務の方の書類選考通過後の内定率は10%程高いことが分かりました。

(弁理士・特許技術者の内定率40%に対して特許事務は50%!)

そのため、面接に進めるかどうかが決まる「書類選考」が非常に大切です。

英語力を求めている事務所へ就業を希望する場合、英語力が身についていることを履歴書・職務経歴書で十分にアピールできるかどうかが選考通過の鍵を握ります。

せっかく英語力があっても、それが職務経歴書で伝わらなければ落ちてしまいます。

英語力を求めない採用であったとしても、「どれぐらいの事務能力があるか」「マルチタスクがどれぐらいできるか」「誤字脱字がないか」「ちゃんとした文章を使っているか」などを、職務経歴書で判断をされるケースもあり得ます。

一度落ちた特許事務所には、改めて応募することが難しくなってしまうので、書類対策は必ずやらなければなりません。

逆に一度でも対策を行えば、その書類は今後の転職活動の武器となります。

書類作成に関してお悩みの方やアドバイスが欲しい方は、私にご連絡いただければ書類添削させていただきます。

※下記のLINEや右下のチャットで、書類対策を承ります。

LINEで転職の相談をする(無料)

 

コロナ発生前後で求職者の「転職理由」が変化している

コロナ発生前後の求職者数の変化

コロナショック前は、特許事務の求職者様からは以下のような転職理由をお聞きすることが多かったです。

  • 育児が落ち着いてきたので復職したい
  • 年収が上がる職場に転職したい
  • 人間関係が悪いので環境を変えたい

いわゆる、よくある転職理由です。

しかしコロナ禍にある現在では、

  • リモートワークができない今の職場から転職したい
  • 今の事務所の経営状況に不安を感じる

このような転職理由が多いです。

コロナによる身の危険を感じている方が増えている状況であり、以前よりも深刻な理由で転職活動をする方も増えてきている状況です。

 

「情報収集」を目的に転職サイトへ登録する求職者が増えている

またコロナ禍における最近では、「良いところがあれば転職も考えてみたい」という、転職に慎重になっている求職者様も増えました。

今すぐ転職したいのではなく、あくまで「情報収集」を目的に転職サイトに登録する方も多くなっているようです。

上記のような方々がいつ転職活動を行うか読めない状況ではあり、尚且つ、求人数自体はコロナショック前とそこまで変わらない状況でもあるため、第一志望の求人先の募集が急に終了してしまうことが今後予測されるため注意が必要です。

 

転職を少しでも考えている方は、気軽にご相談ください!

マスクグループ 307-1

※上の写真は、弊社の個別相談会の様子です

もしこれを機に「他の職場の様子を見てみたい」「今よりも良いところがあれば、求人情報だけでも知りたい」という気持ちも膨らんだ場合は、お気軽に私にご連絡くださいませ。

連絡方法は、右下のチャットやお電話(03-6774-8902)、またはLINEで承ります。

LINEで転職の相談をする(無料)

また、コロナの影響に限らず

  • 人間関係で悩んでいる、パワハラを受けている
  • 年収を上げたい
  • 今すぐ転職は考えていないが、他の職場の仕事内容や雰囲気を知ってみたい
  • 残業時間をもう少し減らせる職場が良い
  • 最新の転職市場や状況を把握したい

こういったお悩みをお持ちの方は、相談会をご予約(30秒)いただければ個別にご相談を承りますので、お気軽にご相談ください。転職意思がなくともまったく問題ございません。もちろん、ご希望であれば求人のご紹介などもいたします。

相談会をご希望の方は、以下のボタンから簡単に予約(30秒)できます。

個別相談の予約をする(無料・30秒)※対面はもちろん、zoomなどのウェブ通話や通常のお電話でも可能です!

お電話が難しい場合はLINEでも承ります。

LINEで転職の相談をする(無料)

※右下のチャットやお電話(03-6774-8902)でも承ります。

また弊社リーガルジョブボードでは、本記事のような情報や求人を不定期で発信しているので、受け取りたい方は以下のボタンをタップして登録いただけると幸いです。

LEGAL JOB BOARDに登録する(無料・1分)

 

転職活動は「退職前」に行うことを推奨します

ただし、転職活動は「今の職場を退職する前に」始めることを推奨します。

退職後に転職活動を始めれば選考日程が組みやすくなり、時間もたっぷり取れるので転職に集中できるというメリットはもちろんあります。

しかし、「早く次のところを決めなければいけない」というプレッシャーから、誤った判断をしてしまいがちな側面もあります。

なるべく「今の職場で働きながら」転職活動を進められるようにしましょう。

とはいえ働きながらの転職活動は、「求人リサーチや書類・面接対策に十分な時間を費やせない」のも事実です。

そこで「転職エージェント」の出番です。

転職エージェントは、あなたに合った求人リサーチや選考日程の調整・今後のキャリアプランのご相談・書類や面接対策まで一貫サポートいたします。

特許事務の転職エージェントである弊社「リーガルジョブボード」をご活用いただければ、働きながらでもスムーズに転職活動を進めることができます。

情報収集を目的として転職サイトに登録される方も増えているので、もし転職に関するご相談ごとがあれば、些細なことでも構いませんのでまずはご連絡いただければ幸いです!

LINEで転職の相談をする(無料)

LEGAL JOB BOARDに登録する(無料・1分)

株式会社WILLCO 三島善太
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 三島善太
弁理士・特許技術者や知財・特許系職種を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。紹介実績は業界最大級。求人票には載っていない企業・事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいていますので、お気軽にご連絡ください。