1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 特許技術者の記事一覧
  3. 特許技術者の平均年収(年齢別・勤務先別)や年収を上げる方法
特許技術者の平均年収(年齢別・勤務先別)や年収を上げる方法

特許技術者の平均年収(年齢別・勤務先別)や年収を上げる方法

こんにちは。特許技術者の転職エージェント「リーガルジョブボード」の森田です。

今回は、「特許技術者の年収や収入」について解説します。

勤務先別や年齢別など、さまざまな切り口で解説しているので詳しく把握できます。

また「年収を上げる方法」についても触れているので、特許技術者の年収の詳細や年収アップについて理解を深めたい方はぜひご覧ください。

株式会社WILLCO 森田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 森田
弁理士や特許技術者・知財部員などの知財職種を専門とした株式会社WILLCOの転職エージェント。多数の紹介実績を持つ。希望に沿った就職・転職先の紹介や、 転職相談会・キャリアカウンセリングを随時開催中。転職のちょっとした疑問や心配ごとでもご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。

特許技術者の平均年収

特許技術者の平均年収

特許技術者の平均年収は、約600万円です。

日本の一般的な平均年収(420万円)と比較すると、特許技術者の年収は高給であると言えます。

しかしもっと詳しく説明すると、特許技術者の年収は勤務先や年齢によって変わります。

 

勤務先や年齢によって変わる年収

特許技術者の勤務先は「特許事務所」または「企業知財部」です。

それぞれの職場での平均年収は以下の通りです。

  特許事務所 企業知財部
平均年収 600万円 700万円
20代 300万円 350万円
30代 個人による 600万円
40代 個人による 800万円
50代 個人による 1000万円

特許事務所は、年齢による平均年収を算出できないため「個人による」と表記しています。

由は、特許事務所での特許技術者の平均年収は年齢ではなく、実務経験やスキルによって評価されることが多いためです。

事務所に勤めるか、法人に勤めるかによって、特許技術者の年収は変わるということです。

それぞれの就業先によって年収はどのように変わるのか、下記でさらに詳しく解説します。

 

「特許事務所」に勤めた場合の平均年収

Close up of business man hand working on laptop computer with social media diagram and chart graph on wooden desk as concept

特許事務所に勤めた場合の平均年収は、約600万円です。

ただし特許技術者の場合、特許事務所の年収は、実務経験の有無や経験年数が重要な判断基準になります。

年齢別で平均年収を出せないのはこのためです。

例えば業界未経験の場合、年齢がいくつであっても、平均的に年収300万円程度からスタートします。

企業知財部にて勤務経験がある方でも、特許明細書の作成や中間処理の経験が問われます。

特許技術者の実務経験年数別の平均年収は下記の通りです。

特許事務所での実務経験 平均年収
10年以上 700万円程度
5〜10年前後 500万円〜700万円程度
3年前後 400万円〜600万円前後
未経験・企業知財部で経験 300万円〜400万円前後

実務経験が年収に大きく関わることがわかりました。

ではなぜ、特許事務所では年齢ではなく実務経験が判断基準となっているのでしょうか。

特許事務所の評価制度について下記にまとめました。

 

成果主義制度の場合が多い

特許事務所に勤める場合、特許技術者の年収は成果主義制度によって決まるケースが多いです。

なぜならば、特許事務所における特許技術者の業務内容は、出願書類作成がメインであるからです。

そういった仕事は1件1件の区切りが非常に明確で、1つの案件を1人が最初から最後まで担当するため、成果主義での評価がしやすく、多くの事務所で成果主義が採用されています。

 

弁理士資格が重要視される世界

弁理士資格が重要視される世界

弁理士資格が重要視される特許事務所では、特許技術者は弁理士に比べ年収が低い場合が多いです。

弁理士の平均年収は約700万円なので、100万円ほどの開きがあります。

特許技術者の業務内容は弁理士とほとんど同じで、明細書作成や中間処理などの業務を担当します。

しかし法律上、特許技術者の業務は全て「弁理士の指導監督の下で弁理士の補助業務を行っている」ことが前提となっています。

そのため特許事務所では、特許技術者に弁理士資格を取得することを推奨しています。

 

以上のような背景から、特許技術者の採用担当者は「弁理士試験勉強の進み具合や意欲」などを確認し、弁理士になるポテンシャルがあるかを判断しています。

まとめると

  • より年収を上げるのなら弁理士資格を取得する
  • 弁理士資格の取得意欲があるかどうかを採用時に見られる

です。

さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

事務所によって評価制度は異なる

ここまで「特許事務所は成果主義であり、成果の歩合によって年収が決まる」と解説しました。

これはどの事務所でも同じではなく、実は就業先によって評価制度が異なる場合があるため注意が必要です。

職場によっては、

  • 年功序列形式で年収が上がっていく
  • 弁理士資格をとると資格手当がつく
  • 事務所の業績に応じて賞与が均等に支給
  • クライアントからの評価に応じて昇給

というふうに年収を決めているところもあります。

成果主義か成果主義でないのか、どちらが自分に合っているかを考えておくことが重要です。

評価制度のメリット・デメリットをよく見極め、特許事務所に入職する前に年収の評価基準について入念にチェックしましょう。

 

「企業知財部」に勤めた場合の平均年収

「企業知財部」に勤めた場合の平均年収

企業知財部で働いた場合の平均年収は、約700万円程度です。

特許技術者として知財業務経験のある方には、企業知財部で働き始める方もいます。

企業知財部で勤務する場合は、特許技術者ではなく「知財部員」になります。

一般企業なので経験や年齢で年収は変わりますが、特許事務所のように弁理士資格取得で年収が上がることはありません。

月に数万円の資格手当が支給される程度となります。

※弁理士資格手当は2万円~10万円程度(企業によって異なる)

知財部員の実務経験年数別の平均年収は下記の通りです。

企業知財部での実務経験 平均年収
特許実務経験5年以上 600万円~1000万円程度
特許実務経験1年~3年程度 400万円~800万円程度
研究・開発等の経験者 350万円~700万円程度

企業の場合は、特許事務所と違い、実務経験に加え、年齢や役職によって年収が変わるため、年収の幅が広く設定されています。

 

知財部員は年収800万円以上も可能

知財部員は年収800万円以上も可能

大手企業の知財部の場合、年収800万円以上の求人が存在します。

しかし高年収の求人は未経験での採用ではなく、実務経験が豊富な即戦力の方を採用するケースです。

また、下記のような応募条件が設けられている場合が多く非常に狭き門です。

  • 英語力
  • 実務経験5年以上
  • 年齢制限(企業の場合は30〜40代までの募集が多いです)

企業知財部への転職は狭き門ですが、給与も安定的に上がっていく傾向が強く、安心感があることが特徴でもあります。

そのため最近は、特許事務所である程度経験を積んだ特許技術者が、企業知財部への転職を目指すケースも増えています。

 

企業知財部では役職が付くと年収が上がる

企業知財部の場合、役職やポジション(担当者クラス~課長クラス~部長クラス)によって求められる経験値や年収は大きく変わります。

年齢と経験のバランスでの評価となります。

部長クラスの役職に就き、通常の知財業務だけでなくマネジメントも行えるようになると、年収1000万円以上になるケースがあります。

 

特許技術者の年収を上げる方法

特許技術者の年収を上げる方法

最後に、特許技術者としての年収を上げる方法を解説します。

あらかじめ年収を上げる方法を知っておくことで、計画的にキャリアを積むことができるはずです。

 

実務経験を積む

特許事務所・企業知財部のどちらにおいても、特許技術者として600万円以上の年収を目指していくには、まずは実務経験を積むことが絶対に必要です。

教育体制が整っている勤務先に就職できるとより良いでしょう。

 

弁理士資格を取得する

特許事務所の場合、年収アップには弁理士資格が重要です。

弁理士資格を取得することで、100万円程度の年収アップが見込めます。

また、将来的に年収800万円〜1,000万円以上も視野に入ってきます。

これから先も長く特許事務所に勤めたいと思っている方は取得を目指すべきです。

英語力をつける

特許事務所・企業知財部の双方で英語力は、非常に求められるスキルです。

特に特許事務所では、外国案件が担当できる特許技術者は重宝され、年収も高い傾向があります。

これは、国内案件、内外出願案件、外内出願によって出願費用額が異なり、外国案件の方が、費用が高い傾向があるためです。

 

転職をする

転職をする

経験を積んでいても、就業先の都合(案件数の減少)や評価制度との相性など、なかなか給料が上がらない方もいらっしゃると思います。

その際は転職も、年収を上げる一つの方法です。

現職で給料が上がらないことを悩まれている方は、弊社の特許技術者専門の転職エージェントサービスLEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)にお気軽にご相談ください。

(右下のチャットでもお電話(03-6774-8902)でも構いません)

年収アップが見込める求人のご紹介に加え、年収交渉や選考対策まで全面的にサポートさせていただいております。

すぐに転職しようとお考えの方でなくても、ご相談や現状の市場価値を確認する目的でも問題ないので、お気軽にご連絡くださいませ!

ちなみに実は、弊社のような転職エージェントサービスをご利用いただくと、内定の可能性が大きく上がります。

その理由は以下の記事に書かれています。

まとめ

本記事のまとめは下記のようになります。

  • 特許技術者全体の平均年収は600万円程度で、他の職業と比べると高め
  • 平均年収は働く場所や実務経験によって大きく変わる
  • 特許事務所では弁理士資格が重要視される
  • 就職や転職によって年収が大幅に変わる

特許技術者になろうかどうか悩んでいる方や年収について困っている方、自身の適性年収について知りたい方は弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)にお気軽にご連絡くださいませ。

右下のチャットでもお電話(03-6774-8902)でも構いません。

株式会社WILLCO 森田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 森田
弁理士や特許技術者・知財部員などの知財職種を専門とした株式会社WILLCOの転職エージェント。多数の紹介実績を持つ。希望に沿った就職・転職先の紹介や、 転職相談会・キャリアカウンセリングを随時開催中。転職のちょっとした疑問や心配ごとでもご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。