1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 法務の記事一覧
  3. 【法務】大手企業への転職に必要なスキルや年齢条件・メリット・求人
法務 【法務】大手企業へ転職するのに必要なスキルやメリット・求人

【法務】大手企業への転職に必要なスキルや年齢条件・メリット・求人

2020年09月22日

こんにちは。 法務の転職エージェント「リーガルジョブボード」の榊原です。

今回は、「大手企業法務へ転職する際に求められるスキルや転職メリット・実際の求人」について解説します。

「大手企業の法務部はどういう人材が求められているのか?」

「自分の今の状況で転職は可能なのだろうか」

こうした疑問をお持ちの方は特に本記事が参考になるはずです。

株式会社WILLCO 榊原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 榊原
司法書士・法務・弁護士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。

大手企業への転職市場

大手企業への転職市場

近年、法務人材不足により、積極的に採用活動を行う企業が増えました。

法務職を希望する求職者も増えており、今後さらに転職市場は活発になってくると考えられています。

求職者は大手企業を希望する方が多い印象です。

一方で大手法務部の採用基準は高く設定されており、なかなか採用を勝ち取るのは難しいと言えます。

また、どのような人材を求めているかは企業によりけりです。

法務として充分なスキルを積んでいたとしても、求めている人材ではないと内定が出ないケースがあるのも事実です。

 

大手企業法務部の主要業務

大手企業法務部の主要業務

企業法務業務は、企業活動においての法的業務全般を行います。

主な業務は

  • 契約書の作成や締結
  • コンプライアンス
  • 法律相談
  • 機関法務(株主総会等での対応)
  • 紛争訴訟対応
  • 法制度調査

など。

大手企業法務では、セクション分けしていることが多く、法務部の中でも契約書案件の対応をメインに行う部や、M&Aなどの戦略法務、コンプライアンス部などに分かれています。

 

大手企業の法務で働くメリット

大手企業で働くメリット

大手企業で働くメリットを下記で解説していきます。

 

安定している

大手企業で働く最大のメリットは「安定している」ことです。

長年安定した経営を続けておりますので、急に経営状況が著しく低下するリスクが少ないです。

また、福利厚生面の充実や待遇を含め、企業内で安心して働けるような体制づくりをしています。

 

法務の人数が多い

法務人材が多いことも魅力の一つです。

規模が大きくない企業だと、法務部に2、3名といったケースがありますが、大手だと20名になる企業もあります。

人数が多いと、自分で対応しきれないことを相談できたりなど助け合いながら業務を進めていくことができ、スキルアップに繋がります。

 

様々な経験を積むことができる

大手企業だと、扱っている案件の数が多いので、様々な案件に携われます。

スキルアップできる環境を求めている方は、大手企業の法務は魅力的な職場です。

また、大きな案件にも関われるため、法務として小規模の会社では経験できないような経験を積むことが可能です。

 

経歴としてステータスになる

大手企業で働いていると、キャリアを形成していく上で、いいステータスになります。

例えば、転職を考えるときに「大手企業出身者」は好印象を与えられます。

それは、狭き門である大手企業法務で働いていたことで、学歴・経歴が優秀であることが証明されていると考えるため。

面接の際に、「どのような案件に携わってきたのか、企業内でどのような役割だったのか」はアピールしやすい材料になります。

 

大手法務に転職するために必要なスキルや条件

転職するために必要なスキルや条件

それでは、大手法務に転職するために必要なスキルや条件をお話していきます。

 

学歴、地頭の良さ

大手企業では、法律知識はもちろんのこと学歴を求められる場合があります。

中には、「MARCH以上の学歴がほしい」と言われることも。

新卒や法務経験が浅い方に対して、そのような傾向が強く、特に大手企業は地頭のよさを判断するために学歴は必要と考えます。

 

少ない転職回数

転職回数が多い方は、印象が悪くなる傾向があります。

目安として、3社以上転職をしている方は「うちにきても、すぐ辞めてしまうんじゃないか」と思われてしまいます。

転職回数が多い方を避けたいというのは、企業では長く働いてほしいという考えがあるため。

書類選考で落とされることが多いですが、面接に呼ばれたのであれば、先方が納得する理由を話せるように準備しておくことが大切です。

 

年齢

大手企業では採用時、年齢を気にするケースがほとんどです。

一般職なら30代前半まで、リーダー職でも40代までなど、上記でもお話した通りなるべく若いうちに入社して長く働いてほしいという思いがあります。

大手企業法務へ転職を希望しているのであれば、早めに挑戦することをおすすめしています。

 

「大手は難しい」と感じた場合

上記の「大手法務へ転職するのに必要なスキルや条件」をご覧になり、「今の状態では難しい」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合は、大手以外の法務部であれば可能性は見えてきます。

下記の記事では、一般的な法務に転職するために必要なスキルについて詳しく解説しています。

希望する大手企業が求めている人材を把握することが大切

希望する大手企業が求めている人材を把握することが大切

それぞれの企業によって、求めている人材は違います。

求人に応募しても、企業側が求めている人物とマッチングしなければ、内定をもらうのはなかなか厳しいです。

逆に言えば、どの様な人材を求めているかがわかれば、アピール方法などがわかり内定率は上がります。

例えば、

「海外企業とのやりとりが多いので語学が堪能で、国外案件の契約に携わった経験がある人がいい」

と企業側が考えていた場合、語学力をアピールすることで好印象を与えることができます。

希望する求人があれば、その企業が何を求めているかをしっかり把握することが重要です。

 

大手企業の法務の求人

大手企業に転職希望の方

弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)では、大手企業の法務求人を取り揃えています。

リーガルジョブボードは、法務・弁護士などの士業系専門の転職エージェントサイトです。

先ほど、大手企業から内定をもらうには「求人先が求める人物像を把握し、自分のスキルや人間性とマッチングする部分を洗い出すことが大切」とお話しました。

弊社のような転職エージェントを活用すれば、あなたが受けたい求人・気になる求人が求めるスキルや人物をすぐに明瞭化させていただきますので、気になる求人があればおっしゃってください。

 

ちなみに、自分で求人に応募するよりも、転職エージェントを経由して応募した方が内定が出やすいのをご存知ですか?

その理由は以下の記事に書かれています。

近年の活発なグローバル化で、法務に対応できる人材の需要は今後も伸び続けていきます。
法務へ転職をお考えの方は、ぜひご相談ください。

 

まとめ

本記事のまとめは下記になります。

  • 大手企業法務への転職希望者は多いが、採用基準が高く、受かるのは一握り
  • 大手企業法務では、契約書の作成や締結業務がメインとなることが多い
  • 大手企業は待遇面が安定していて、スキルアップできる環境が魅力
  • 転職するためには、学歴や年齢は重要
  • 企業側がどのような人材を求めているかを理解することで内定率を上げることができる

法務の求人状況を把握したい場合は、弊社の法務・弁護士専門の転職エージェントサービスLEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)にお気軽にご相談ください。

(右下のチャットでもお電話(03-6774-8902)でも構いません。)

株式会社WILLCO 榊原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 榊原
司法書士・法務・弁護士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。