1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 土地家屋調査士の記事一覧
  3. 【土地家屋調査士】法人事務所・個人事務所の働き方の違いやメリット・得られるスキル
土地家屋調査士 【土地家屋調査士】法人事務所・個人事務所の働き方の違いやメリット・得られるスキル

【土地家屋調査士】法人事務所・個人事務所の働き方の違いやメリット・得られるスキル

2020年10月14日

こんにちは。

土地家屋調査士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の篠原です。

土地家屋調査士事務所には「法人事務所」と「個人事務所」が存在します。

同じ調査士事務所でも、法人事務所、個人事務所では実は大きな違いがあります。

そこで今回は「法人事務所」と「個人事務所」の働き方の違い・それぞれのメリット・得られるスキルについて解説します

法人と個人事務所どちらに入職すれば良いか迷っている方は、本記事を読むことで判断の手助けとなるでしょう。

土地家屋調査士へのキャリアチェンジを考えている方・経験者として転職しようとしている方は必見です。

株式会社WILLCO 篠原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 篠原
司法書士・測量士・調査士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。

土地家屋調査士における法人事務所・個人事務所の大きな違い

法人事務所と個人事務所の大きな違いは「登録できる調査士の人数」です。

法人は「登録できる調査士の人数が1人以上」、「個人事務所は登録できる調査士の人数が1人のみ」です。

法人事務所は規模が大きく、個人事務所は規模が小さい傾向にあります。

実はこの事務所の「規模」によって、働き方や得られるスキルに違いが出てくるのです。

というのも、規模が大きい法人事務所は「分業型」、規模が小さい個人事務所は「統括型」という業務フローを採用している傾向があるからです。

 

法人事務所は「分業型」

分業型とは、一つの大きな業務をいくつかのフローに分け、それぞれに担当者をつけるやり方です。

法人事務所は規模が大きいので、「測量部門」「登記部門」など、部門ごとに業務を分担している傾向にあります。規模が大きいということはつまり案件の数が多いことになるので、効率化を図るために分業型にしています。

ただし「同じ担当者が最初から最後まで担当した方がお客様への安心感に繋がる」というビジョンを持っている法人事務所の場合は、分業していないケースもあります。

また、個人事務所であっても測量部隊、データ打ち込み隊など、業務を分けてする職場も存在します。

土地家屋調査士の求人を見る

 

個人事務所は「統括型」

一方で統括型とは、業務の全工程に一人の担当者が携わるやり方です。

個人事務所は登録している調査士が1人しかいないため、比較的規模が小さく、分業できない傾向にあります。

大体の個人事務所が統括型に分類され、全ての業務に携わることができます。

そのため個人事務所に就職すると、数年で大きくスキルアップできます。

ちなみに案件の数が少なくても、事務所の人数自体が少ないため経営的な問題とはなりにくいので、安心してください。

 

法人事務所・個人事務所それぞれのメリットやデメリット・得られるスキル

ここからは、法人事務所・個人事務所それぞれのメリットやデメリット・得られるスキルを解説します。

 

法人事務所のメリット・デメリット

法人事務所で働くメリットは2つあります。

  • 収入が安定している
  • 部門ごとの専門性が高まる

以上2点が大きなメリットです。

規模が大きい分、コロナや社会環境の変化があっても収入は安定します。

また効率が常に求められるため、所属部門での専門性が上がるでしょう。

 

一方でデメリットは以下の2点です。

  • 同じ部門で働き続けなければならない
  • 職務範囲が小さく、昇級に時間がかかる

人によっては、他の業務が行えないストレスや、業務に飽きてしまうことなどがありえるかもしれません。

大きい組織のため、任される職務範囲が小さく、昇級にも時間がかかります。

しかし一定のスキルが認められれば、他の地域での支店を任されることもあり、そうすると一気に収入や裁量が与えられるようになります。

その場合「半独立」のような体制になるため、何かあったら法人が後ろ盾してくれので、独立を考えている方や独立に関する実務経験を積みたい方には合うかもしれません。

土地家屋調査士の求人を見る

 

法人事務所で得られるスキル

法人事務所で得られるスキルは以下の2つです。

  • 大きな案件や企業への対応力(コミュニケーションなども含めて)
  • 測量や登記の専門性

法人事務所は案件の規模が大きいことも多く、企業への対応や効率的に進めるノウハウなどを知ることができます。

部署にもよりますが、そういったことを扱える環境にいるとコミュニケーションを含めた対応力がつくことも考えられるでしょう。

また、測量部門や登記部門がある事務所が多いため、各部門ごとの専門性は上がります。

どうやったら効率よく測量できるのか、書類の整理が早くできるのかなど、そのようなノウハウを転職で活かすこともできるでしょう。

 

個人事務所のメリット・デメリット

続いて個人事務所について。

個人事務所で働くメリットは、以下の2点です

  • 成長速度が早い
  • 転職活動で有利

個人事務所のメリットは、全業務を全てできるようになるまでのスピードが法人に比べてかなり早いことです。

そうなってくると、同じ年代の調査士より経験値が高いため、転職活動で圧倒的に有利になります。

昇級も早いため、貰える給料の額もそれなりに変わってくるでしょう。

 

一方でデメリットは以下2点。

  • 経営が不安定になる恐れがある
  • 人手不足で忙しい

個人事務所は案件が少ない傾向にあるため、コロナなどの社会的な要因に対応できない可能性は少なからずあります。

また案件が増えると人手不足で忙しくなるため、残業や休みなども不安定になるでしょう。

しかし近年、ワークライフバランスに力を入れている事務所も増えてきたため、職場によっては忙しさに差があります。

土地家屋調査士の求人を見る

 

個人事務所で得られるスキル

個人事務所で得られるスキルは以下です。

  • 一通りの業務をこなせるようになる
  • タフな環境下で仕事をやり抜く力

調査士であっても、確定測量までできるようにならないと一人前にはなれません。

個人事務所なら、比較的早く一人前の土地家屋調査士となれるでしょう。

小さな個人事務所であっても一戦力として会社を引っ張る存在になれば、転職先でかなり良い条件で働けます。

チームをマネジメントする力、新人教育の経験など、主体的に働くスキルが得られるはずです。

ただし、個人事務所で案件が立て込むととても忙しくなります。

少ない人数で業務を効率よくこなすこと、仕事を最後までやり抜く力、全てにおいてバイタリティー溢れる人材になれることでしょう。

法人に転職しても、その力を発揮することができます。

 

あなたに合った土地家屋調査士事務所の求人をご紹介さしあげます

土地家屋調査士の転職エージェント「LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)」では、あなたのスキルやご経歴・年齢・実務経験をもとに、「あなたが活躍できる求人先」のご紹介が可能です。

また、「残業のない事務所で働きたい」「スキルアップできる職場に応募したい」「年収を上げたいが、今よりも高い年収で雇ってくれる事務所はあるか?」といった、あなたのご希望に沿った求人にご紹介もできますので、就職や転職活動でお困りの際はぜひご活用ください。

「今すぐの転職は考えていないが、今の職場や将来に関しての相談をしたい」といった場合もご相談に乗らせていただいておりますので、お気軽にご登録いただければ幸いです。

※お急ぎの場合は右下のチャットでも承ります。

自分に合う求人を紹介してもらう(無料)

まとめ

法人事務所は

  • 規模が大きく分業型が多い
  • 年収は多くないが安定、役職についたら一気に上がるが昇格が遅い傾向
  • 測量・登記の専門性や企業対応のスキルが身に付く

個人事務所は

  • 基本的に規模が小さいため統括型(全員で測量から登記まで行う)が多い
  • 昇格が早く、給料が高くなりやすい
  • しかし会社の経営状況に左右されるため不安定
  • バイタリティー溢れる人材になれる、マネジメントなどに携わる機会が多いためリーダーシップなどもスキルアップ

どちらの方が良い、優れていると言うことはありません。

それぞれで学べる内容が違うため、自分のやりたいことやなりたい姿を考慮した上で自分にあった事務所を選ぶ必要があります。

求人や問い合わせのみではわからないことが多く、自力で良い事務所を探すことはギャンブルのようなものです。

もし何か転職に関して気になることがあれば、気軽に弊社リーガルジョブボードの転職エージェントにご相談ください。

株式会社WILLCO 篠原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 篠原
司法書士・測量士・調査士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。