1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 司法書士の記事一覧
  3. 司法書士の就職と将来性!景気に左右されない司法書士の仕事
「司法書士は就職できない」は嘘!就職や転職に有利になる理由

司法書士の就職と将来性!景気に左右されない司法書士の仕事

2021年03月03日

こんにちは。 司法書士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の稲田です。

今回は、「司法書士が就活や転職で有利になる理由」について解説します。

「司法書士は就職や転職が難しい」「司法書士資格を持っていても、就職に有利にならないのでは?」

と疑問を持つ方に向けて、

  • 司法書士資格が就職や転職に有利な理由
  • 司法書士の年齢層と40代・50代でも就職できる理由
  • 司法書士資格を活かせる職場
  • 就職や転職で有利になる条件

についてまとめています。

司法書士資格を持っているだけで就職や転職に非常に強くなります。

司法書士について気になっている方やこれから司法書士資格の取得を目指そうとしている方、就職や転職活動をする方など、どんな状況の方でも参考になる内容になっているのでご覧ください。

司法書士 志村直也
この記事を書いた人
司法書士 志村直也
司法書士法人トリニティグループ在籍の司法書士有資格者。司法書士4年目。司法書士事務所を複数経験しており、業界に関する知識やトレンドを発信中。不動産の決済業務や相続登記・法人の設立登記にも特化。現在は主に家族信託をメインに生前対策や認知症対策に従事。

司法書士が就職や転職に有利になる理由

「司法書士は就職できない」ことは決してございません。

その理由は、司法書士事務所や一般企業では、司法書士資格を持っている人材が不足しているからです。

そのため、司法書士資格を持っている方だけで重宝される存在となり得るでしょう。

ただしこれは、司法書士資格を活かせる職場に限るお話です。

司法書士資格が活かせない職場には、当然ですが、資格を持っているからと言って就職自体が有利に働くわけではありません。

もちろん、「司法書士資格を取得した」という過程を評価する企業は一部あるかもしれないです。

 

司法書士の就職率~求人状況や求人の多いエリア~

また、司法書士は時期にあまり偏りがなく安定して募集があり、就職しやすい職種です。

求人募集も多く、合格後に就職活動をしたけれど司法書士事務所に就職できなかったという話はほとんど聞いたことがありません。

特に関東圏・関西圏などの大都市に求人が集中しています。

その他の地域では札幌・名古屋・福岡などの栄えている都市が求人が多いです。

エリアによって就職率は異なりますが、なかなか決まらず就職に苦労するという資格者は少ない職業でしょう。

少なくとも就職率は高いと断言できる職業です。

 

 

特に求人が増える時期

求人が増える時期はあるのか?

都心や大都市の場合、司法書士合格発表の10月~年明け、年度末は非常に転職する方が多いため、それに合わせて求人も増える傾向にあります。

一方で地方は、規模の大きな事務所が少なく通年募集をかけているようなところはあまりないため、退職者の補填や業務拡大のための対策として随時求人を出します。

そのため気になる司法書士事務所は事前にピックアップし、求人情報をウォッチしておくことをおすすめしています。

 

司法書士の年齢層と40代・50代でも就職できる理由

士業の中でも司法書士の年齢層は高く、実際に司法書士の平均年齢は50代です。

また、近年の司法書士合格者の平均年齢は30代後半の為、40代・50代で司法書士デビューする合格者の方はたくさんおります。

では、40代・50代でも司法書士事務所への就職は可能なのでしょうか?

結論から言えば、もちろん可能です。

ただ、年齢が若い方が就職において有利なのは事実です。

それを前提に若い司法書士が好まれる傾向の事務所と、年齢層が高めの司法書士が好まれる傾向の事務所の特徴を下記にて説明します。

 

若い司法書士が好まれる傾向の事務所

不動産決済をメインに扱っている事務所や企業法務をメインに扱っている事務所です。

これらの事務所は、特に不動産決済であれば体力勝負な部分がありますし、企業法務をメインに扱っている事務所は代表司法書士が若い人が多い傾向にあるからです。

もちろん40代・50代の新人司法書士を全く採用しないということはないですが、例えば数年~10年くらい補助者経験がある方であれば就職には有利には働きます。

年齢の差をカバーする経験や能力がなければ若い方が採用には有利に働くでしょう。

 

年齢層が高めの司法書士が好まれる傾向の事務所

成年後見業務や相続関係業務をメインに扱っている事務所です。

これらの事務所は、お客さんも年齢層が高い傾向にある為、若い司法書士より年齢層が高めの司法書士の方が好まれる傾向が強いです。

特に成年後見業務は、被後見人の全財産を原則その人が亡くなるまで管理するという業務です。裁判所から選任されたとは言え、見ず知らずの司法書士がある日突然その人の全財産を管理するとになるのです。

被後見人の親族からすれば、そのような業務を20代・30代の若い人に任せるよりは、40代・50代、場合によっては60代と年齢層の高い司法書士に任せる方が潜在的な安心感があります。

よって、必然的に採用する側も年齢層が高めの司法書士を希望する傾向があります。

 

 

司法書士事務所に就職した場合の年収

勤務司法書士の場合の平均年収は、400万円~500万円くらいであると言われておりますが、年収については経験によって上がっていきます。

その為、年齢によって初年度の給料が変わるということはありません。(事務所によっては年齢を考慮してくれる場合もありますが、微々たるものです。)

具体的には、初年度の年収は都心であれば350万円前後、地方であれば300万円前後が目安になるかと思います。

勤務3~5年目で400万円~500万円前後、その後は事務所への貢献度(営業してお客さんを増やすなど)に応じて600万円~700万円前後、事務所において欠かせない存在になれば800万円~1000万円以上が一般的な勤務司法書士の年収の目安になるかと思います。

それ以上に年収を増やしたいという場合は、独立開業をするか法人役員に就任するなどの必要がありますが、就職・転職がしやすく、平均400万円~500万円前後の年収と考えると、司法書士は士業の中でも安定した資格であると言えるでしょう。

 

司法書士資格が景気に左右されない理由と将来性

司法書士の主な業務は登記業務です。特に不動産登記を主な業務として扱っている事務所は多いです。

一般的に不動産業界の動向は景気に左右されやすいと言われております。それに連動して不動産登記も景気が良くなるにつれて登記件数が増える傾向にあります。

一方で、景気が悪い時は債務整理業務の案件が増える傾向があります。

実際に、最近のコロナ媧の影響で、債務整理を主な業務として扱っている事務所では案件が増えていると聞きます。

また、現在日本は超高齢化社会であり、今後も高齢化率は上昇していくと予想されています。高齢化率が増えるにつれて、成年後見業務、相続・遺産承継業務の需要も、より増えていくことになるでしょう。特に相続登記は義務化の方向で法改正がなされる予定です。

不動産登記、債務整理業務、成年後見、相続・遺産承継業務は、いずれも司法書士業務です。以上のことから、司法書士は景気に左右されない資格であると言えます。

 

司法書士資格が有利に働く就職先

就職、転職先の選択

では、司法書士の活躍できる場所はどのような場所があるのでしょうか。

司法書士の就職先について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

 

司法書士事務所

司法書士の仕事先として一番多いのが、司法書士事務所への勤務です。 

一番オーソドックスな選択になります。

将来的に独立を考えている方も、まずは司法書士事務所で実務経験や実績を積むために事務所へ入職することが多いです。

事務所によって取り扱いの多い業務の違いがあるため、何度か転職を重ねながらキャリアアップしていくパターンがメジャーとなっています。

司法書士事務所の種類はたくさんあるため、以下の記事で詳しく解説しています。

「事務所の種類」や「自分に合う司法書士事務所の選び方」について知ることができます。

他の士業事務所

弁護士事務所など、その他士業事務所へ勤務する方もいます。

弁護士のもとでパラリーガルとして働く方や、司法書士だけではなく弁護士や公認会計士など様々な法律のプロが所属している総合的な法律事務所で働く方もいます。

多くの士業が所属している事務所は、法律に関するサービスをその事務所だけで完結することができます。

会社設立など企業法務の分野で活躍してる事務所もあり、多くの経験が積める魅力があります。

 

一般企業

一般企業の「企業法務」として、就職をする方も増えてきました。 

企業法務とは、企業で法律やコンプライアンスに関わる業務をこなす職種です。

まだまだ司法書士事務所の求人数が多いですが、法律に強い人材を一般企業が求める傾向も強くなってきています。

司法書士資格を持っていると法律系に強い人材であると見なされ、企業法務で働くことも選択肢の一つとなります。

また、企業法務を求める企業は大手企業がほとんどのため、司法書士事務所に勤務するよりも給与や福利厚生などの待遇が良い場合があるところも魅力の一つです。

しかし、応募条件は司法書士事務所などで企業法務の経験がある方がほとんどのため、まずは司法書士事務所でスキルを磨くことが必要です。

なお、日本組織内司法書士協会という団体が、「組織内司法書士」を制度として確立することを目的に活動をしております。

弁護士と異なり、企業側から司法書士が法律実務家としてあまり認知されていないことや、事務所設置義務、依頼に応じる義務等の司法書士法との兼ね合いで、制度確立までには現状様々な障壁がありますが、いずれは企業内弁護士のように「組織内司法書士」が企業側から認知される日が来るかもしれません。

興味がある人は、日本組織内司法書士協会に入会してみるのも良いと思います。

 

独立して事務所を構える

司法書士としてスキルを磨いて、独立開業も選択肢にあげられるでしょう。

司法書士は、独立しやすい職種とも言われていますので他の業種で開業するよりも敷居は低めです。

独立する場合は、司法書士として能力だけではなく、集客のためのコネクションや営業能力も必要となります。

集客面をクリアしているのならば、高収入を得るためのステップとして独立開業がよいですが、仕事面を含め不安があるのであれば事務所や企業に入って能力を高め集客のためのコネクションをつくる方がよいでしょう。

 

就職や転職に有利になる条件とは

就職、転職に有利になる条件とは

続いては、司法書士の就職や転職の際に有利にはたらく条件についてまとめます。

下記でお話していきます。

※下記を踏まえていないと就職できない、というわけではございませんのでご安心を。

 

有利な資格を持っていること

司法書士資格だけではなく、他の士業の資格を持っていると就職や転職に有利になることがあります。

例えば

  • 行政書士
  • 土地家屋調査士
  • 社会保険労務士
  • 宅建士
  • 中小企業判断士

など。

司法書士分野に関連性を士業資格を持っている場合はアピールポイントとなります。

無理に取得する必要はありませんが、お持ちの場合は書類や面接で触れるようにしましょう。

 

司法書士補助者としての経歴があること

司法書士補助者として働いていた経歴がある場合、即戦力として重宝されます。

司法書士補助者とは、司法書士のアシスタント業務を行うような職種です。

仕事の流れや実際の業務に慣れている方を採用したいと考える事務所は多いので、補助者としての経歴があると有利になると言えます。

資格取得後、働いている事務所でそのまま司法書士として働くケースも。

ちなみに司法書士補助者は、司法書士資格を持っていなくても就職することができます。

弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)では、司法書士補助者の求人をご紹介しています。

今すぐ転職する気持ちはなくとも、求人を見たり転職可能な求人を紹介してもらうことはできますので、ご興味があればお気軽にご連絡くださいませ。

登録がご面倒な方は右下のチャットからでも承ります。

 

金融機関や不動産業界の出身であること

金融機関や不動産業界で働いていたことも、アピールできるポイント。

司法書士業務は金融機関、不動産業界と関わることが多いからです。

それらの業界に関連する知識があるのとないのでは、業務の理解度も変わってきます。

なにより業界にコネクションがある場合、採用側の事務所としては大歓迎です。

 

就職や転職に不利になる条件や原因

就職、転職に不利になる条件や原因とは

一方で、司法書士の就職や転職で不利になるような条件も存在します。

 

条件に見合っていない事務所への応募

例えば、「経験者を求めている求人」に、「未経験者」が応募する場合です。

こちらは、条件に見合っていないため内定をもらうことは難しいと言えます。

司法書士資格は非常に有利になる資格ではありますが、採用側とのミスマッチが生じると内定が難しくなるため、マッチングが良いかどうかは見極める必要があります。

 

求人の少ないエリアが希望

司法書士の求人数は、エリアによって大きな差があります。

希望するエリアの求人が少ない場合、就職や転職活動が思うように進まないことも。

そのような時は、求人の多いエリアで経験を積んだ後に希望地域に転職する、というような方法があります。

一度就職をするとずっとそこで働かなくてはいけないということはないので、まずは自分がスキルアップできる環境を探すのもいいでしょう。

 

就職・転職に必要なのは自己分析

就職、転職に必要なのは自己分析!

司法書士資格を持っていれば、就職できないことはございません。

しかし、求人が求めているものと求職者様側が持っているもののマッチング度合いが強くなければいけないという条件も、もちろん存在します。

そのためには自己分析をすることです。

上の記事は、司法書士事務所の選び方(自己分析)を詳しく解説している記事です。

自己分析を行い、自身の強みや弱みを理解した上で、どの事務所や企業が自分に適しているのかを見極めましょう。

 

転職エージェントを活用すると就職がさらに有利に

司法書士の就職・転職活動をより有利にするには、転職エージェントを活用することです。

弊社リーガルジョブボードは、司法書士専門の転職エージェントサイトです。

転職エージェントサイトに登録すると、司法書士専門の転職エージェントが、

  • あなたが活躍できる求人を紹介してくれる
  • 書類・面接選考を徹底してくれる
  • 年収を交渉してくれる
  • キャリアステップの相談に乗ってくれる

など、転職支援を多方面から支援してくれます。

司法書士の転職でお悩みの方はぜひ弊社リーガルジョブボードをご活用ください。

※右下のチャットでは、登録せずに匿名で転職のご相談を承ります。ご利用くださいませ。

司法書士 志村直也
この記事を書いた人
司法書士 志村直也
司法書士法人トリニティグループ在籍の司法書士有資格者。司法書士4年目。司法書士事務所を複数経験しており、業界に関する知識やトレンドを発信中。不動産の決済業務や相続登記・法人の設立登記にも特化。現在は主に家族信託をメインに生前対策や認知症対策に従事。