1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 司法書士の記事一覧
  3. 「人×テクノロジーでずっと安心の世界をつくる」最先端な取組や戦略を行うトリニティ・テクノロジー株式会社&司法書士法人トリニティグループ
「人×テクノロジーでずっと安心の世界をつくる」最先端な取組や戦略を行うトリニティ・テクノロジー株式会社&司法書士法人トリニティグループ

「人×テクノロジーでずっと安心の世界をつくる」最先端な取組や戦略を行うトリニティ・テクノロジー株式会社&司法書士法人トリニティグループ

こんにちは!司法書士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の北澤です。

今回は、「トリニティ・テクノロジー株式会社&司法書士法人トリニティグループ」に、職場や採用に関するインタビューを行ないました。

司法書士業界において、これまでの成長を続けてきた秘訣から、トリニティグループの今後までをお伺いしました。

グループの理念や雰囲気、株式会社・司法書士法人の違いについても、今回取材させていただきました。

トリニティ・テクノロジー株式会社の求人を見る

司法書士法人トリニティグループの求人を見る

※弊社では、リーガルジョブボードに求人を掲載されている事務所様・企業様のインタビューを行なっております。

インタビューご希望の事務所様・企業様はこちらもしくは右下のチャットからお問い合わせくださいませ。

株式会社WILLCO 北澤
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 北澤
司法書士・法務を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。

今回お話をお伺いする梶原先生のご経歴

今回お話をお伺いする梶原先生のご経歴

-本日はよろしくお願いいたします。まずは先生方のご経歴をお伺いしたいので、梶原先生よりお願いいたします。

梶原先生:ともと学生時代から司法書士を目指していました。

大学卒業をした年に、7月の試験で資格取得をしておこうと思ったんですが、その年の試験では「どうも手ごたえがないぞ…」と感じたんですよ。

案の定、結果は不合格だったんですが、それでもいずれは司法書士になるつもりだったので、アルバイトでもいいからと司法書士事務所にて、まずは補助者として働き始めました。

-なるほど、司法書士法人トリニティグループといえば家族信託のイメージがありますが、当時働いていた事務所も信託が強い事務所だったんですか?

梶原先生:時働き始めた事務所は上場企業の顧問や企業法務、相続、裁判業務など幅広く経験できる事務所でしたね。

司法書士試験を目指しながらも、多くの経験を積むことができました。

合格後もその事務所で2年ほど働いていたんですが、そのぐらいで「そろそろ独立しようかな…」と考え始めたんです。

そんな時、事務所でバーベキューパーティがあり、そこに同じ事務所出身ですでに独立をしていた、トリニティ代表の磨が参加しており、話す機会がありました。

いろいろ話しているうち「じゃあ一緒にやりますか!」となって、独立した後にジョインする形で司法書士法人トリニティグループを設立しました。そこから今で10年ほどですね…。

-磨先生とのスタートはそういったご縁があったんですね!

 

新倉先生のご経歴

新倉先生のご経歴

-では、続いて新倉先生のご経歴を教えてください。

新倉先生:私は大学4年生くらいから司法書士を目指し試験勉強を始めました。

卒業後も学生時代から続けていた、塾講師のアルバイトをしながら勉強を続けていたのですが、これじゃ埒が明かないなぁ…と。

だったら司法書士事務所で働きながら勉強を続けようと思い、補助者として勤務をしながら合格を果たしました。

働き始めた事務所は不動産登記メインの事務所で、土地家屋調査士も併設している事務所でしたよ。

-不動産登記メインの事務所が司法書士として初めての事務所だったんですね。トリニティグループへはどのような経緯で入られたんですか?

新倉先生:そうですね、司法書士試験に合格後、その事務所で半年ほど働いていたのですが、先のキャリアを考え「これまでとは異なるジャンルの業務をやるために、違う事務所に転職しようか、独立をしようか」など、違う道も考えていたんです。

そして認定考査が終わったほどのタイミングで、事業承継対策のセミナーがあると聞き参加したところ、そこで代表の磨と梶原に出会いました。

そのセミナー後の懇親会でも、お二人と席が近くであったため話をしていると、「大阪に支店を出すから協力してくれないか」と磨から提案されました。正直その時は、社交辞令かな?と思ってたんですよ。

後日、FacebookのMessengerで「具体的な話がしたい」と連絡がきたので、驚きました(笑)

大阪で何回か会って話をしていくうちに、「こんなチャンスなかなかないし、やってみよう!」という気持ちになりましたね。

-自身の気持ちの変化があった際に磨先生や梶原先生と出会って、いいタイミングでステップアップをしたという感じだったのですね。

新倉先生:うですね、じゃあやるぞ!と決まってから2週間程度、当時のトリニティの東京事務所でどんなことをやっているのかを見て、その後すぐ大阪支店を開設したんです。

梶原先生:実は、我々が出会ったセミナーに参加したのは、リクルート目的というのもありましたから…(笑)いろんな人と会って新倉先生にお任せしたいとなったんですよ。とはいえ、出したばかりの支店でしたから、磨と僕で交代で大阪に行き、一緒に営業しましたね。

新倉先生:会計事務所さんがあったら飛び込む!という、地道な営業を最初にしてましたね。

 

トリニティグループにジョインした決めて

トリニティグループにジョインする決めて

-梶原先生は元々、上場企業の顧問や企業法務に強い事務所から独立を考えていたと先ほどお伺いしましたが、トリニティグループへジョインしようと考えた決め手は何ですか?

梶原先生:の考えは、司法書士でもやはり戦略的に先を見据えて事業をやっていきたいというのがありました。

今では多様な事業展開をする事務所がありますが、当時戦略的にマーケティングをしていた事務所は、なかったんです。

そんな中、磨はすでにビジネスとしてきちんと戦略的に展開する事務所運営をしていたんです。

なので、一緒にやると面白いと確信が持てたんですよ。

-ちなみに、当時はどんな戦略を行なっていたんですか?

梶原先生:磨には”王道を行かない“という考えがあります。そのため、当時はまだ取り組んでいる司法書士が少なかった会計事務所さんにアプローチする動きをしていましたよ。

その後は更なる展開として、葬儀社さんにアプローチして、相続、信託案件をとりに行きました。

今でもこの考えは事務所の戦略を考えるうえでのDNAとなっています。

-”王道を行かない“という戦略としての考えが梶原先生の決め手となったのですね。では、新倉先生のジョインした決め手を教えてください。

新倉先生:も、トリニティグループの戦略的にマーケティング展開しているところに納得できた部分が大きいですね。

個人事務所で様々な経験をしたことから、他の事務所と同じことをやっていても埒が明かないという想いがすごくあったんですよ。

大阪に最初から取引先がいるから大阪支店を出したのではなく、今後の事業展開を見据えて大阪に拠点を作るための支店開設でしたので、その走り出しの営業を自分でやれるというのも魅力に感じましたね。

梶原先生:でも、当時は大変だったね。「案件が全然取れない!」といった月もありましたし。

新倉先生:うでしたね!それでも、東京での展開と同様に不動産登記の営業はせず、とにかく会計事務所さんにアプローチし続けました。同じ戦略で大阪でもどれくらい展開できるか実践したんです。

また、相続サービスの提案から会計事務所さんにアプローチすることもありましたね。

トリニティ・テクノロジー株式会社の求人を見る

司法書士法人トリニティグループの求人を見る

トリニティグループのミッション・ビジョン

トリニティグループのミッション・ビジョン

-先生方のこれまでの経緯をお伺いする中で、現在のグループ戦略にも通ずる考え方を脈々と感じました。では、ここからは改めてグループについてもお伺いしていきたいので、まずはミッション・ビジョンについて教えてください。

梶原先生:”人×テクノロジーの力でずっと安心の世界をつくる”というのがグループ全体のミッションです。でも、これは初めからこうだったわけではなく、企業理念である三方よし(売り手良し、買い手良し、働き手良し)という考えが根本にあります。

ここ2年ほどでテクノロジーとの掛け合わせでサービスを向上させようという考えが追加されました。「家族信託」というサービスを作る中では、人とテクノロジーをどのように融合していくかを考えると同時に、AIではできないコミュニケーションが大事とは常に思っていますから。

不安をお持ちのお客様については、コミュニケーションなしでは問題を解消できないですよね。なので、「人×テクノロジー」で社会を多方面に支えたいというのがグループのミッションです。

-この想いを実現するために心掛けていることはありますか?

梶原先生:人という面に関しては、信託のサービスを提供するトリニティ・テクノロジー株式会社では、司法書士はコンサルティングを担当しています。

AIに蓄積されたデータも活用し、パターンとしてその人にあわせた提案をすることはできますが、お客様の気持ちを汲み取り寄り添えるのは、やはり人が担う必要があると感じていますから。

-コンサルティング業務が強みである、というのは、エージェントとして見ていてもトリニティグループのアイデンティティとして感じています。

梶原先生:そこで、私たちが唯一性を持てた大きな理由が、ライフエンディング部門という相続・生前対策全般を担う部門で培ったコンサルティングの強みがあることですね。

例えば、葬儀社さんからご紹介をいただいた案件を引き継ぐ際、葬儀社の方々の信頼もそのまま引き継がなければならないんです。

新倉先生:入したときは、葬儀社の方から研修も受けていましたね。いつも通り笑顔でいると、それもダメと怒られることもよくありました。

梶原先生:お線香をあげるところから、遺族の方に寄り添っていって…私たちはそういった、葬儀後のお客様に向き合ってコンサルティングしていく。

そういった所までカバーしている事務所はなかなかないと思います。

前の事務所でもクリエイティブにやっていたので、事業創出におけるトリニティのクリエイティブな部分は得意なこととしてやってきましたが、こういった顧客の気持ちに徹底して寄り添う姿勢、というのは葬儀社さんから現場で教えていただきました。

-なかなか求人票や会社説明会だけではわからない大事なお話しですね。

新倉先生:社説明会などではここまで深くお話しする時間がないですが、お客様からご相談をいただいたら話をしっかり聞いてから提案するというのはお伝えしてますし、これはどの部門でも浸透していますね。

それはコンサルティング以外でも同じだと思っています。

 

コンサルティングだけではない!もう一つの強みとは

コンサルティングだけではない!もう一つの強みとは

-コンサルティングはトリニティグループの代名詞ですが、マーケティングやクリエイティブといったところも強みのように感じられます。

梶原先生:うですね。”人×テクノロジーの力でずっと安心の世界をつくる”というミッションをかかげていますので、最先端の取り組みをしていきたいという部分はあります。

以前から私たちが企業法務でこだわっていたのが、いわゆるUI/UXですね。

※UI/UX=UIはWEBサービスの構成やフォント、パソコンの外観など、ユーザーの視覚に触れるデザイン上のすべての情報を指し、UXは「使い勝手が良い」「印象的な見た目をしている」など、サービスを利用する中でユーザーが感じる情報を指します。

例えば、お客様に押印をしてもらう書類の郵送時には、送付書と併せて書類作成の詳細な説明書を同封し、書類の押印をもらう箇所にマーカーや付箋をし、お客様に負担がないように書類の返送用の封筒も同封して、お客様が効率よく、かつ、わかりやすくご対応できるようにしています。

会計事務所さんに営業に行く際にも、この書類送付時のサンプルを持って行き説明をすると、「とてもわかりやすくて良い。安心してクライアントの手続きを任せられる。」と好評です。

私たちは常に、ユーザー目線で準備をし、スマートかつ簡単にそのサービスを利用できる流れを作ることを意識しています。

-人に寄り添うに通ずる部分ですね。

新倉先生:他者への想像力・リスペクトを私たちトリニティ全体の行動指針の一番目として大切にしています。お客様であれ、社内のメンバーに対してであれ、リスペクトを忘れないことが大事だと考えています。

梶原先生:やはり、そういったリスペクトの出来る人と一緒に仕事がしたいですね。選考の時も素直さ・エネルギー・知頭の良さの3つは見ているポイントですね。

トリニティ・テクノロジー株式会社の求人を見る

司法書士法人トリニティグループの求人を見る

職場の雰囲気について

職場の雰囲気について

-トリニティ・テクノロジー株式会社と司法書士法人トリニティグループで風土の違いはありますか?

梶原先生:リニティ・テクノロジー株式会社と司法書士法人トリニティグループでは、風土については大きな違いはないですが、<トリニティ・テクノロジー株式会社のラボ部門>が大きく違うと思います。

他の部署は信託・相続と専門的なコンサルティングを極めていきますが、ラボ部門では企画・マーケティング・管理など任される範囲が広いんですよ。

なので、一つのことだけを専門的に極める職人タイプよりも、向上心が高く新しいことを覚えたい!といった方には向いていると思います。

向上心はさておき、指示や期待されることに一生懸命応えたい!という方も向いていると思いますね。これしかやりたくない!といったものがある方はこの部門ではしんどいかもしれません。

プレッシャーが多い部署にはなりますが、みんなポジティブで前向きに仕事をしている人が多いです。

-なるほど、では職場の雰囲気や特徴はありますか?

梶原先生:働いている人が良くないと仕事は良くならないですよね。やっぱり、お互いにリスペクトできるメンバーがそろっていますよ!

”失敗も経験”と思っていますので、新しいことに挑戦する人を応援する環境です。メンバーの平均年齢が30代前半で若いということもありますが、関係はとてもフラットです。

新倉先生:内のコミュニケーションツールにて雑談チャットがありましたが、普段から各メンバー同士でコミュニケーションがとれていて、会話も多いですから、あまりそのチャットは活性化しなかったですね(笑)直接話をしてますし。結構アニメやゲームの話をしているメンバーも多いです。また福利厚生の面でも、磨が導入しようと決めたもの以外に、メンバー発のものや、所員から好評のものは取り入れ続けているといった文化もあります。

-先生方のお話しぶりから、メンバー同士が良好な関係で働きやすい職場というのが伝わってきます!

 

トリニティ・テクノロジー株式会社と司法書士法人トリニティグループの違い

評価制度について

-では、トリニティ・テクノロジー株式会社と司法書士法人トリニティグループの明確な違いは何でしょう?

梶原先生:をメインでやっているかが大きな違いですね。

トリニティ・テクノロジー株式会社では、信託のコンサルティングがメインで、司法書士法人トリニティグループでは企業法務や相続などがメインとなります。

もちろん、メインとする業務以外にも、来たご相談はお受けしています。

-なるほど、メイン業務の違いがあるんですね。今は企業法務をやっているものの、信託に興味が出てきたというスタッフもいらっしゃると思いますが、グループ内の移籍はあったりしますか?

新倉先生:りますよ!頻繁にコロコロ動くことはありませんが、実際、自分から希望される方もいます。

制度としてあるわけではありませんが、そういう想いがあると聞けば、各チームの状況や本人の適性などを踏まえ検討します。

梶原先生:と、業務への向き不向きがもちろん出てきますので、そういった時に移籍することもありますね。本人が良くなるようにと考えています。

トリニティ・テクノロジー株式会社の求人を見る

司法書士法人トリニティグループの求人を見る

評価制度について

-昇給に関わる部分で、所内で評価されるポイントや評価制度についてお話をお伺いしたいです。

新倉先生:性評価と定量評価をバランスよく組み合わせて評価をするようにしています。基本的には行動指針を基にした所属チーム・法人全体への貢献度合いと、個人ごとに設定した指標に基づいて評価をするようにしています。

また、新人教育をしている人や専門業務以外(例えばIT周りの整備といった貢献など)なども評価したいポイントですね。

梶原先生:と、サブマネージャーなどの役職付きに手当を出したりと、頑張りは還元できるようにしていますね。

-なるほど!トリニティグループの求人票でマネージャーの年収モデルを見ましたが、そのように評価が収入やポジションとしても還元されているんですね!

梶原先生:そうですね、がんばり次第で誰にでもチャンスがあります。トリニティグループはマネージャーの年齢は関係ないので。

早い人では、入社から1年でチームのサブマネージャーになった司法書士もいます。20代でも関係ありません!

また、他にも新たな事業部門を作ったり、信託やライフエンディングなどの各業務も担い、チームをまとめているメンバーもいます。

 

トリニティグループに向いている人や歓迎する人

トリニティテクノロジー株式会社と司法書士法人トリニティの違い

-トリニティグループにはこういった人が向いているな、こんな人だったら大歓迎だと思うのはどんな人ですか?

梶原先生:やっぱり、信託や相続の専門性を極めたいという人は大歓迎です。トリニティは専門力を高められる環境ですので、そういう考え方の人は向いていると思います。

新倉先生:うですね。企業法務での商業登記もですが、信託や相続などを通じて発生する不動産登記業務も対応する機会が多いですし、広く力を付けることができる環境です。

-そんな経験を積むのに絶好の環境であるトリニティグループに入った時、新入所員の教育はどう進むのでしょうか?

新倉先生:社してすぐは、基本的な社内ルールや電話対応研修などを行った後、所属チーム内の教育方針をもとに、OJTで仕事の仕方を学びます。

所属先のチームの業務を先輩と共に携わり経験していきます。例えば、企業法務チームであれば会社設立などの商業登記全般です。まずは基礎となる業務を先輩と一緒に対応することをお願いしています。

ライフエンディングチームでは、相続全般の業務に携わりますので、先ずは戸籍を読むところから始めることとなります。

また、月1回マネージャーと1on1でのミーティングをして、今の状況をヒアリングした上で今後どのように教育を進めていくかをしっかり決めていきますので、未経験の方も安心して働いていただけると思います。 

 

今後の展望

トリニティグループに向いている人や歓迎する人

-では最後に、今後の展望を教えてください。

梶原先生:リニティ・テクノロジ―株式会社では、今後高齢化がますます進み認知症に不安を抱く方は増えていきますので、その時に向けてのインフラ作りを進めていきます。

3年ほど前の日経新聞で、認知症により金融資産200兆円が凍結するリスクがあるといった内容の記事にも書かれていたように、この認知症による資産凍結の不安という大きな社会問題に対して、私たちがインフラとしてしっかりとサポートする体制を作ります。

そこで<人×テクノロジー>が重要となると考えています。テクノロジーを取り入れる中で、ラボへ他の専門家を集め、スマート家族信託等を展開しながら、インフラをしっかり構築していきたいです。

-司法書士法人トリニティグループではどうでしょうか?

新倉先生:司法書士法人トリニティグループでは、司法書士業務がメインとなります。最近では業界でDXを進めていくことが検討されるようになり、お客様への本人確認を電子化(オンライン上で)出来るようにする動きもありますが、当社を含めてまだまだDXが進んでいないのが現状です。

やはりミッションとして”人×テクノロジーの力でずっと安心の世界をつくる”を掲げているので、その部分は挑戦し続けたいと考えています。

 

本人確認の電子化だけではなく、向こう3年程度でサービスの入り口を、対人ではなくWEB上でできるようにもしたいですね。

とはいえ、DXを進めていく中でも、やはり私たちの強みは人にあって、専門性を高めたい人が集まっています。

そういった部分が他社との差別化にもなっていますので、この強みも変わらず大切にしていきたいですね。

-それこそ”人×テクノロジーの力でずっと安心の世界をつくる”ということですね!

今後もさらなる風を業界に吹き込んでいただけることを楽しみにしております。梶原先生、新倉先生、今日はありがとうございました!

トリニティ・テクノロジー株式会社の求人を見る

司法書士法人トリニティグループの求人を見る

転職のご相談も無料で受付中です

弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)では、転職のご相談も承っております。

転職を考えていなくとも、

  • 自分の市場価値を知りたい
  • 私の給料は平均値なのか?
  • 仮に転職できるとしたらどこに行けるか?
  • どのようなキャリアステップを踏めば良いか分からない

など気軽なご相談が可能です。

特に必要な持ち物なども不要なので、フランクにお話できればと思っております!

もし転職のご相談にご興味がございましたら、ぜひご相談ください。

株式会社WILLCO 北澤
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 北澤
司法書士・法務を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。