1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 司法書士の記事一覧
  3. 「司法書士法人NCP」の職場・採用インタビュー|代表の井上先生にお話を伺いました!
「司法書士法人NCP」の職場・採用インタビュー|代表の井上先生にお話を伺いました!

「司法書士法人NCP」の職場・採用インタビュー|代表の井上先生にお話を伺いました!

こんにちは!司法書士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の篠原です。

今回は、「司法書士法人NCP」に、職場や採用に関するインタビューを行ないました。

相続や遺言などの「ライフエンディング分野」に特化し、いわゆる”終活”にまつわる分野で多くの実績を誇る事務所です。

そんな「司法書士法人NCP」の代表・井上真之先生(以下、井上先生)と新入所員のみなさんに、事業内容や働きやすい職場環境、積極的に利用できる制度などを詳しくお伺いしました。

応募や選考を考えている方はぜひご覧ください。

※弊社では、リーガルジョブボードに求人をご掲載されている事務所様・企業様のインタビューを行っております。

インタビューご希望の事務所様・企業様はこちらもしくは右下のチャットからお問い合わせくださいませ。

司法書士法人NCP の求人を見る

株式会社WILLCO 篠原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 篠原
司法書士・測量士・調査士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。

井上先生のご経歴と事務所の主な事業

ー井上先生のご経歴を教えてください。

井上先生のご経歴と事務所の主な事業

井上先生:大学時代は就職氷河期だったこともあり、「これからの人生で武器になるような資格を取っておこう」と決意し、司法書士資格を取得したのが24歳のときです。

資格を取ってからは一度、個人事務所に就職して実務を経験。当時、業界では不動産登記や所有権売買といった決済分野が主流でした。

その頃から独立を考えていたのですが、未熟な状態で主流の土俵に立とうとしても上手くいかないと考えまして。その後は、今まで税理士が窓口として担っていた「相続分野」に司法書士として足を踏み入れたんです。

弊所は、相続や遺言などの「ライフエンディング(終活)分野」に特化しています。司法書士だけでなく行政書士や税理士も在籍しているので、士業同士の連携が取れ、依頼主にトータルでサポートできるのが強みです。

「士業は究極のサービス業」を理念に

ー代表として大事にしていることはありますか。

井上先生代表の最大の使命は、従業員の暮らしを守ること。一般企業では当たり前かもしれませんが、司法書士事務所は社会保険などの待遇が薄いことが多いんです。弊所では、十数年かけて労働条件や制度をしっかり整えてきました。

また、「士業は究極のサービス業」を理念としています。お客さまファーストを第一に、服装や礼儀、周りへの気遣いなど、民間企業が当たり前にやっていることが当たり前にできるよう、指導を徹底しています。

司法書士法人NCP の求人を見る

職場環境について

ライフエンディング分野で業界No.1の実績を誇るNCP。スペシャリストを目指す所員たち

ーNCPにはどのような所員の方が多いですか?

写真左から東京本店・福田龍之介(ふくだりゅうのすけ)さん、大宮支店・滝川篤未(たきがわあつみ)さん、東京本店・吉田直樹(よしだなおき)さん

▲写真左から東京本店・福田龍之介(ふくだりゅうのすけ)さん、大宮支店・滝川篤未(たきがわあつみ)さん、東京本店・吉田直樹(よしだなおき)さん

井上先生「相続分野の見識を深めていきたい」という目的意識のある所員が多く集まっていますね。

福田さん:私もそのひとりで、相続特化型の司法書士法人という点に魅力を感じ、NCPへの入所を決めたんです。
中途半端にありとあらゆる分野の案件をこなすよりも、ライフエンディング分野に特化したほうが、専門的なスペシャリストになれると思いましたね。

吉田さん:私自身、司法書士資格を取ったものの特定の分野に進みたいという希望があるわけではありませんでした。
しかし、求人を見ていくなかで相続や遺言に特化した法人があると知ったんです。ほかの求人とも見比べるうちに「ここでなら未経験からのスタートでも活躍できるのではないか」と思い、NCPに入所しました。全国規模で展開している大手法人だったというところも決め手になりましたね。

 

デジタル化で業務効率を最大限に高める

ー事務所での働きやすさを高める工夫を教えてください。

司法書士法人NCPのオフィス環境

▲広々としたオフィス環境も魅力です!

井上先生案件の進捗やスケジュール管理はすべてデジタル化し、業務効率を最大限に高めています。
また、他拠点・他部署の所員の顔やプロフィールが一見してわかるような「カオナビ」というシステムを導入したりとITの力をフル活用しています。

滝川さん:NCPは多数の拠点を構えているので、入所当初は「先輩所員の名前を覚えられるだろうか」と不安に思っていましたが、「カオナビ」のおかげでスムーズに把握することができました。
電話でしか話したことがなかった所員の顔がわかって便利ですし、「別の拠点にはこんな所員がいるのか」と休み時間に見るのも楽しいです。

司法書士法人NCP の求人を見る

所員同士のコミュニケーションを大切にする社風

井上先生:さらに、日頃から事務所内の雰囲気がよくなるように努めており、雑談を大切にしています。普段から気軽に話せる関係性でないと、業務上の相談もしにくくなってしまいますからね。

所員同士の交流を深めてもらうために、福利厚生としてランチ代や飲み会の費用も規定額支給しています。

吉田さん:先ほどお伝えしたように、私は未経験で入所したので、「失敗したり、つまづいたりしてしまうのではないか」いう不安を抱えていました。

ですが実際入所してみたら、上司がついてサポートしてくださったり、相談しやすい先輩に囲まれ、丁寧にレクチャーしていただける環境がありました。

雰囲気のよさがあったからこそ、自分が思っていた以上にスムーズに業務を覚えることができたと思います。

 

ー未経験でも活躍できるほど、教育体制も整っているんですね!

「司法書士法人NCP」井上先生

井上先生:はい。手厚い研修制度があるので、未経験で入所してもまったく問題はありません。
入所時、先輩所員が新入所員とマンツーマンで実務を行なう「OJT研修」があるので、人によっては半年程度で自分ひとりで業務ができるようになります。ここまで教育体制が整っているのは、司法書士事務所のなかでは珍しいと思います。

 

「制度」によって、より「働きやすさ」の追求を。

分かりやすい評価制度が昇給にも直結

ー給与や昇給に関わる評価制度について教えてください。

井上先生:弊所には勤務年数が長い所員も多いですが、勤続年数のみで評価することはありません
評価制度はポイント制で、電話に出た回数・出張に行った回数などを細かく項目ごとにわけて評価しています。売上などの実績はすべて数字で洗い出し、1位から最下位まで算出したうえで、半期ごとに全国の拠点でまとめて発表しているんですよ。
全事務所ある程度同一の基準で評価できるのも、相続に特化している事務所ならではのメリットです。

「司法書士法人NCP」の職場・採用インタビュー

滝川さん評価制度がしっかり整っていて、代表が一人ひとりの所員を真摯に見てくださるのがうれしいです。忙しいなかでも日々業務を頑張るモチベーションにつながっています。

司法書士法人NCP の求人を見る

産休制度や時短勤務もフル活用できる

ー募集要項で、「産休制度や時短勤務も可能」と拝見しています。

井上先生産休取得者は17名おり、所員はみんな積極的に制度を利用しています。時短勤務も可能なので、子育てをしながらでも働きやすい環境です。

「定められた時間内で働けば成果は問わない」というよりも、「自分の案件をしっかりこなし、成果を出してほしい」という想いがあります。たとえ時短勤務であっても本人の能力次第で成果を出すことは不可能ではありません。

限られた時間を大切に使っていただくために、会議や朝礼もありません。代わりにツールを通して定期的に事務連絡を行ない、重要事項を共有するようにしています。

 

求める人物像はずばり「ハングリー精神のある人」!

ーNCPはどういう方が活躍できる事務所ですか?

井上先生気配りができて自分の仕事に責任が持てる方であれば未経験でも大丈夫です。お客さま一人ひとりに向き合って対応するので、すでに接客業を経験されている方にも向いています。

仕事を楽しみ、ハングリー精神を持ってなにごともチャンスだと思って動ける方は独立してもうまくいきますよ。

 

司法書士法人NCPのビジョン

ー今後のビジョンを聞かせてください!

井上先生:我々が受託した相続案件の中で、遺言書を書いていた方の割合は2割ほど。生前から死後に対する意識を持つ方が増え、近い将来には5割程度の方に遺書を書くようになっていただけたらと考えています。

弊所でもライフエンディングに強いプレイヤーを育てつつ、数年単位で終活について普及していきたいです。

 

これから就職・転職を考えている方へ

ー最後に、就職や転職を考えている方に向けて、メッセージをお願いします!

司法書士法人NCP|これから就職・転職を考えている方へ

井上先生:相続や遺言など、ライフエンディング分野を極めたい方にはうってつけの事務所です。やればやるだけ評価が上がり給与も増えていくので、人によっては、年収1,000万以上稼げるようにもなります。

所内での交流を大切にしつつも必要以上に干渉はしない環境なので、居心地がよいのも魅力です。自分のペースで仕事をしつつ結果を出したい方は、ぜひ弊所に来てください!

司法書士法人NCP の求人を見る

株式会社WILLCO 篠原
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 篠原
司法書士・測量士・調査士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。