1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 司法書士の記事一覧
  3. 司法書士補助者の役割とは?仕事内容や忙しさ・給料・就職方法を解説
司法書士補助者とは?仕事内容や給料・資格者との違いなど解説

司法書士補助者の役割とは?仕事内容や忙しさ・給料・就職方法を解説

こんにちは。司法書士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の稲田です。

本記事を読むと、「司法書士補助者」に関する知識・情報をすべて理解できるようになっています。具体的には以下について解説しています。

  • 補助者の仕事内容や役割
  • 補助者の年収・給料
  • 補助者業務の忙しさ・大変さ
  • 補助者に向いている人
  • 受験生が補助者になるメリット
  • 司法書士補助者の求人

などなど。

司法書士補助者としてのキャリアがあると、司法書士になった際の初年度年収が上がったり、すぐ業務にキャッチアップできたりするなど、多くのメリットが存在します。一方でデメリットもあるので、気になる方はこのまま読み進めてみてください!

司法書士補助者になろうかどうか悩んでいる方は、本記事をご覧いただくことで十分な転職の判断材料が手に入るはずです。

※現在、司法書士補助者の求人数が過去最高となっております。経験者・未経験者ともに歓迎する司法書士補助者の求人をすぐに紹介できますので、下のボタンからお気軽にご連絡ください。

司法書士補助者の求人を今すぐ紹介してもらう(無料・60秒)

株式会社WILLCO 稲田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 稲田
司法書士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。

司法書士補助者の仕事内容

司法書士補助者とは「司法書士のサポートを担う職種」です。司法書士はクライアント(個人や企業)の代わりに、法律に関連する書類の作成や手続を行います。例えば不動産登記や商業登記と言われる業務。こういった業務をアシスタントとして補助するのが、司法書士補助者です。具体例を挙げると、以下のような業務内容になります。

  • 一般事務業務(来客・電話対応や資料収集)
  • 書類作成補助
  • 依頼者への一次対応
  • 法務局や裁判所への書類提出の運搬などを目的とする外勤業務

事務作業から外勤業務まで、幅広く携わります。

司法書士事務所は「司法書士有資格者」と「司法書士補助者」によって構成されていますが、事務所が成立するには「司法書士有資格者が最低一人いれば良い」とされています。しかし一人の司法書士が対応できる業務範囲は限られているので、司法書士一人では対応できない仕事をフォローするのが司法書士補助者なのです。

司法書士の業務内容やなり方についてさらに理解を深めたい方は、以下の記事もご覧ください。

司法書士と司法書士補助者の違いとは?権限や役割の範囲

司法書士と司法書士補助者の違いは「権限の違い」にあります。

登記申請や不動産決済・職務上請求といった、司法書士の資格保持者の名前を使って実施するものはすべて、資格者が立ち会わなければなりません。司法書士補助者が実施することは不可能です。責任の所在はすべて司法書士有資格者になります。

とても重要な場面は資格者が必要で、それ以外の補助やアシストを補助者が担うようなイメージです。

 

司法書士補助者は激務?残業時間や忙しさは事務所による

司法書士事務所の平均残業時間は、月間だいたい20時間前後です。しかし残業時間や仕事の大変さは事務所によってかなり異なるので、あくまで目安として捉えていただけると幸いです。

また、司法書士補助者には

  • 司法書士資格を目指している補助者の人
  • 資格は目指していないけど補助者として働いている人

の2通りの方がいらっしゃいますが、「資格は目指していないけど補助者として働いている人」は基本的に一般的なサラリーマンになるので、忙しい傾向にあります。営業や打ち合わせ・期日のある仕事はたびたび発生するので、例えば期日の直前は忙しくなったり終電になったりするケースもあります。これは司法書士補助者に限らず、あらゆる業界や職種でもありえる内容です。

一方で「司法書士資格を目指している補助者」の方は、残業せずに帰れるケースがあります。事務所によっては、司法書士試験の受験生に配慮する環境を積極的に作っていたり、受験勉強で忙しい補助者はすぐに退勤するよう推奨したりする場合があるからです。

リーガルジョブボードでは司法書士受験生を歓迎する司法書士事務所の求人紹介も可能なので、お気軽にご相談ください。

受験生歓迎の司法書士補助者の求人を紹介してもらう(無料・60秒)

 

司法書士補助者が向いている人

ここからは、司法書士補助者の仕事が向いている人の特徴を紹介します。あくまで一例なので、一つも当てはまらないからと言って「補助者の仕事は絶対にできない」と解釈するのは早いです。あくまでも「求められる人物像」として認識しておく程度で良いでしょう。

 

司法書士の資格取得を目指している人

司法書士の資格取得を目指している方は、司法書士業界や業務に対する理解度が比較的早く、熱量のある人材だと事務所側は認識します。そのため、資格取得を目指している方は司法書士事務所から歓迎されます。

ちなみに司法書士補助者の面接選考では、必ずと言っていいほど、資格取得に対する熱意が問われます

  • 前回の試験の点数はいくつだったか?
  • 勉強時間はどれくらい費やしているか?
  • 勉強期間はどれくらいか?

こういった質問には必ずスムーズに答えられるよう、事前に整理しておきましょう。資格取得や司法書士業に対する熱意をアピールすることも忘れないでくださいね。

司法書士補助者の求人を今すぐ紹介してもらう(無料・60秒)

丁寧でミスをしない人・几帳面な人

司法書士の仕事は、業務の特性上、ミスが許されない仕事です。そのため「丁寧に仕事を進められる人」が重宝されます。逆に大雑把に仕事を進めるタイプの方にとっては、司法書士業務は大変と感じるかもしれません。司法書士は神経を使う仕事です。

 

広く浅くより、狭く深く学ぶことが好きな人

司法書士は専門職なので、専門知識をどれだけ身につけられるかが問われます。司法書士業界に関してどれだけ深く理解できるか・深く仕事を極められるかが大切となるでしょう。

 

司法書士補助者の主な勤務形態

司法書士補助者の主な勤務形態は以下の通りです。

  • 正社員(正職員)
  • 契約社員
  • アルバイト・パート

一般的な職種とほとんど変わりません。

ちなみに補助者未経験者は、パートやアルバイトといった「時短勤務」で雇用してもらうケースはあまり多くありません。というのも、パート・アルバイトの場合は「業務を教える時間」があまりないために、一から育てるというカリキュラムを組みにくいからです。そのため時短勤務は経験者を採用するパターンが比較的多いです。

よく、司法書士試験の受験生から「時間確保を優先するために時短勤務を志望したい」という方がいらっしゃいますが、なかなか難しいのが実情です。

未経験の方は、まずは正社員として勤務し、司法書士補助者としてのキャリアを積んでいきましょう。

 

司法書士補助者の給料・年収

司法書士補助者の給料・年収を解説します。以下が大体の目安です。

  • 正社員(正職員)は初年度年収300万円
  • アルバイト・パートは時給1,300円

くらいです。あくまで目安なので、絶対にこの給与になるわけではありません。

上の初年度年収から、経験・キャリアを積んでいくと徐々に年収が上がっていきます。どれくらい上がるのかは事務所によってまちまちなので、面接の場で聞いていくと良いでしょう。

ちなみに司法書士補助者の経験があると、資格取得後の初年度年収がアップするケースがあります。実際にリーガルジョブボードで転職された司法書士補助者の方は、資格取得後、司法書士の平均初年度年収より50万円アップした状態で司法書士事務所に入職されました。

所属する司法書士事務所によって初年度年収は変動するので、少しでも給与が良い職場に入りたい方はリーガルジョブボードにご相談ください。

司法書士補助者の求人を今すぐ紹介してもらう(無料・60秒)

司法書士補助者として働きながら受験勉強するメリットとデメリット

「司法書士補助者」と「受験勉強」の兼業を通じて司法書士資格を目指すことについて、解説します。

私はこれまで、たくさんの司法書士補助者の方々を転職支援してまいりましたが、補助者として働きながら受験勉強を進めるのは正直「メリット」と「デメリット」両方存在すると考えています。

以下にメリットとデメリットそれぞれ紹介するので、補助者として働こうか悩んでいる受験生の参考になれば嬉しいです。

 

補助者として働きながら受験勉強するメリット

司法書士補助者をしながら資格取得の勉強を進めるメリットは以下の通りです。

  • 先輩司法書士から受験に関する情報を得られる
  • 受験生のための勉強休暇や時短勤務が可能※事務所による
  • 資格取得後の初年度年収が上がりやすくなる
  • 入社後の成長スピードが速くなる
  • 資格取得後、補助者勤務している事務所にそのまま残る選択肢ができる
  • 職場選びにおいて譲れないポイントが自ずとできる

司法書士試験の受験勉強を応援する司法書士事務所であれば、勉強時間を確保しつつ働くことができます。業務を覚えつつ勉強を進められるのは大きなメリットです。

また補助者としてのキャリアがあれば「経験者」として見なされるので、初年度の年収も上がりやすくなります。初年度年収は司法書士事務所によって変動するので、絶対に上がるわけではありませんが、リーガルジョブボードでの転職事例では初年度年収が通常年収に比べて「50万円」アップした方もいらっしゃいました。

最後の「職場選びにおいて譲れないポイントが自ずとできる」点も大きなメリットです。司法書士事務所で働いているうちに、自ずと、職場に対して譲れない点は「年収」なのか「残業時間」なのか「人間関係」なのか分かっていくはず。そういった軸を叶えられる職場選びができるようになるので、失敗しない就職活動を進められるようになります。

司法書士補助者の求人を今すぐ紹介してもらう(無料・60秒)

補助者として働きながら受験勉強するデメリット

一方で、司法書士補助者として働きながら受験勉強を進めるデメリットは以下です。

  • そもそも司法書士補助者の求人を見つけるのが難しい
  • 司法書士試験の難易度が直接的に下がるわけではない
  • 所属する司法書士事務所がブラックだった場合、残業に追われる可能性がある

の3点。

まず司法書士補助者の求人は、あまり多く存在しません。リーガルジョブボードの補助者の掲載求人数は一番多いとされていますが、それでもエリアによって求人数のばらつき・偏りがあります。

また、司法書士の実務を経験したからと言って、司法書士試験の難易度がグッと下がるわけではありません。もちろん学習内容と仕事がリンクするポイントはあるので、学習理解を深める意味ではメリットになると思います。

最後に、ブラック司法書士事務所に入ってしまうと勉強時間を確保できません。職場選びは慎重に行いましょう。リーガルジョブボードのような「司法書士に特化した転職エージェント」を活用すると、ホワイトな司法書士事務所を見つけることができます。ぜひご活用ください。

 

司法書士補助者に就職するには?

司法書士補助者の求人サイトから応募すれば、選考を受けることができます。資格不要の職種なので、誰でも応募可能です。

司法書士補助者の求人サイトで一番おすすめなのはリーガルジョブボードです。司法書士補助者の求人が年々増加しており、2022年6月現在で過去一番の求人数を誇っています。今がチャンスなのでどんどん求人紹介を受けていただきたく思います。

  • 未経験者歓迎の補助者求人
  • 経験者を募集中の補助者求人
  • 正社員・アルバイトの補助者求人

など、あなたのご状況に沿った最適な求人提案をさせていただけますので、まずは下のボタンからお気軽にご相談ください。

司法書士補助者の求人を今すぐ紹介してもらう(無料・60秒)

実際の司法書士補助者の求人はこちらからご覧いただけますが、掲載されている求人はほんの一部です。ウェブには公開されていない求人も多数ご用意ございますので、気になる方は上のボタンから転職エージェントサービスに登録してみてくださいね。

※転職エージェントとは、あなたのご希望に沿った求人紹介や転職サポートを行う者です。

 

未経験から司法書士補助者になるための条件

未経験で司法書士補助者になるための条件

ここからは、司法書士業界が未経験の方が実際に司法書士補助者になるための方法・条件について解説します。

繰り返しになりますが、司法書士補助者は特別な資格が必要ないため、どなたでも求人に応募できます。ただし、司法書士補助者に転職するにあたっての「有利な条件」「不利な条件」は、ある程度存在します。詳しくは以下で解説します。

 

年齢が若ければ若いほど有利

年齢は若ければ若いほど、未経験でも司法書士補助者として採用されやすいです。内勤業務の処理能力や外勤業務での体力が求められうため、司法書士業界は若手人材をまだまだ求めています。

ちなみに、「若い」と見なされる年齢は40代までとされています。司法書士の平均年齢は50歳程度だからです。実は多くの方々にチャンスがあるので、ぜひ前向きに検討してみてください。

司法書士補助者の求人を今すぐ紹介してもらう(無料・60秒)

社会人経験があると有利

どのような正社員やアルバイトでも良いので、社会人経験があると司法書士補助者の内定が出やすくなります。特に歓迎される経験は以下です。

  • 企業での一般事務経験(PCスキル)
  • 不動産関連の就業経験

事務経験はそのまま補助者業務に直結するスキルです。また、不動産と司法書士は密接に関わり合うので、不動産での就業経験はそのまま司法書士の業務内容にも活きます。

 

司法書士試験の受験生だと有利

司法書士資格の取得に向けて勉強中の方も、司法書士補助者の就職に有利です。基礎的な知識がすでにあり、実務においても即戦力として活躍が期待されるからです。

 

司法書士補助者の書類選考や面接選考・志望動機の対策

もし司法書士補助者として本格的に転職活動を始める際は、選考対策を入念に行っておきましょう。せっかく入りたい司法書士事務所があっても、一度選考に落ちればしばらくは応募できません。

以下の記事では、司法書士補助者を志望する方のための「履歴書・職務経歴書の対策」「面接・志望動機の対策」についてまとめているので、ご一読ください。

司法書士補助者は特別な資格を必要としない

補足ですが、司法書士補助者は司法書士と違い、特別な資格を必要としません。何か試験や講習を受けずとも就職可能です。そのため司法書士に興味がある場合は、まず司法書士補助者として働いてみるのも良いでしょう。補助者として就職してみることで、司法書士事務所の雰囲気や空気、業務内容を肌で感じることができるからです。

また司法書士の仕事を間近で見ることもできるので、司法書士資格を取得した後は比較的早く業務にキャッチアップできるでしょう。

 

「補助者証」は必要

資格ではありませんが、司法書士補助者として業務するには「補助者証」というのものが必要になります。補助者証とは「司法書士会」から発行される証で、司法書士補助者は常に補助者証を身に付けなければなりません。

司法書士補助者は業務の関係上、裁判所や法務局へ足を運ぶ場面が多く発生しますが、そのたびに補助者証の提示を求められます。提示できなければ必要な手続きも行えません。

補助者証の発行には下記が必要になります。

  • 司法書士補助者使用届
  • 司法書士補助者証発行請求書
  • 履歴書
  • 住民票の抄本
  • 顔写真
  • 発行手数料

発行手数料は1,000円です。このあたりの手続きは、実際に司法書士補助者になった際に事務所からもろもろ教えていただけると思います。だいたい1週間しないくらいで発行されるようです。

司法書士補助者の求人を今すぐ紹介してもらう(無料・60秒)

株式会社WILLCO 稲田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 稲田
司法書士を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。