1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 弁理士の記事一覧
  3. 特許事務所への転職で失敗しない事務所の選び方【プロが解説】
弁理士 特許技術者 特許事務所への転職で失敗しない事務所の選び方【プロが解説】

特許事務所への転職で失敗しない事務所の選び方【プロが解説】

2020年09月24日

こんにちは。 弁理士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の森田です。

今回は、弁理士や特許技術者の方が転職に失敗しないための特許事務所の選び方」について解説します。

事務所選びを間違えると、

「入ってみたらブラックな事務所だった」「提示された額より給料が少ない」

といったミスマッチが生まれる恐れがあります。

特に、特許事務所や特許業界が未経験の方は必見です。

具体的な内容としては、

  • 特許事務所の特徴
  • 特許事務所の職種や仕事内容
  • 特許事務所の選び方
  • 特許事務所の求人
  • 特許事務所の選考対策

などをまとめているので、特許事務所へ転職するかどうかの判断材料としてご参考いただければ幸いです。

株式会社WILLCO 森田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 森田
弁理士や特許技術者・知財部員などの知財職種を専門とした株式会社WILLCOの転職エージェント。多数の紹介実績を持つ。希望に沿った就職・転職先の紹介や、 転職相談会・キャリアカウンセリングを随時開催中。転職のちょっとした疑問や心配ごとでもご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。

特許事務所の特徴や意味

特許事務所の選び方をお話する前に、特許事務所の特徴について触れておきます。

特許事務所とは、「弁理士が特許庁に対して、特許、実用新案、意匠、商標などの手続を行うための業務を処理するために開設された事務所」を指します。

簡単に言うと、特許に関するプロフェッショナルの集団です。

そのため、特許の専門家として働きたい方や、成果主義の環境で働きたい方に向いている環境となっています。

また、企業知財部とは違い、様々な企業や研究機関が開発した、幅広い技術や最先端の技術に常に触れることができる特殊な環境でもあります。

 

特許事務所の職種や仕事内容

特許事務所の職種や仕事内容

特許事務所で働く方々は、以下の3つに大別できます。

主な仕事内容も併せてまとめます。

 

⑴特許弁理士・特許技術者

特許事務所の主な職種として、特許弁理士や特許技術者が挙げられます。

仕事内容は以下です。

  • 特許明細書の作成・中間処理などの特許出願業務
  • 企業向けの発明発掘・特許調査・知財コンサルティング
  • 知財訴訟の対応など

 

⑵意匠・商標弁理士、意匠・商標スタッフ

次に、意匠・商標弁理士や意匠・商標スタッフが挙げられます。

仕事内容は以下です。

  • 意匠・商標登録出願に関する業務
  • 企業向けの意匠・商標調査・知財コンサルティング
  • 知財訴訟の対応など

 

⑶特許事務・翻訳などの事務系スタッフ

次に、特許事務や特許翻訳などの事務系スタッフが挙げられます。

仕事内容は以下です。

  • 出願に付随する事務業務
  • 弁理士・特許技術者、意匠・商標スタッフの補助業務

 

求められる能力

専門的な知識が問われる特許事務所では、下記のような能力が求められます。

職種別で求められる能力が違います。

下記を参考にしながら、特許事務所への転職の判断材料としていただければ幸いです。

 

⑴特許弁理士・特許技術者

特許弁理士や特許技術者は、以下のような能力が求められます。

  • 理系のバックグラウンド
  • 文章作成能力
  • 英語力

 

⑵意匠・商標弁理士、意匠・商標スタッフ

意匠・商標弁理士や意匠・商標スタッフは、以下のような能力が求められます。

  • 意匠・商標出願に関する知識
  • 英語力

 

⑶特許事務・翻訳などの事務系スタッフ

特許事務や特許翻訳などの事務系スタッフは、以下のような能力が求められます。

  • 高い事務処理能力
  • 英語力

 

転職で失敗しない特許事務所の選び方

転職の失敗を避けるための特許事務所の選び方

ここからは、転職の失敗を避けるための特許事務所の選び方について解説します。

そもそも何を「失敗」と定義するかですが、ここでは弊社転職サイトにご登録される求職者様の方々の転職希望理由の傾向をもとに、よくある特許事務所への不満・転職の失敗例を以下に列挙します。

特許事務所の転職で失敗した例

  • 所長や事務所の雰囲気との相性が合わなかった
  • 教育体制が整っておらず、業務や業界について教われなかった
  • 長時間労働が当たり前になっていた
  • 案件量が少なく経営が不安定だった
  • 仕事量やスキルに対して給料が低かった
  • 業務体制が合わなかった
  • そもそも仕事内容が自分の適性には不適合だった

以上が、よく耳にする失敗例です。

労働環境のミスマッチが目立ちます。

そこで、こういった転職の失敗を避け、自分にとって最善な就職を実現するための特許事務所の選び方を以下にまとめます

 

案件量が豊満な事務所を選ぶ

案件量が多く経営がうまくいっている事務所は、所員への待遇も良い場合が多いです。

またそのような事務所は、下記のような場合が多いです。

  • 1つのクライアントに固執していない
  • 積極的に営業活動をしている

こうした特徴のある事務所は、不安定な経営になりにくいと言えます。

 

働き方を重視している事務所を選ぶ

下記のような働き方を実践している事務所は、誰にとっても働きやすい事務所です。

  • 時短勤務・リモートワークが可能、推奨している
  • 休みが取りやすい。有給取得率が高い
  • 育休産休の取得実績がある
  • 離職率が低い

こういった情報が求人に掲載されている場合、柔軟な働き方が実現されやすくなります。

 

成果主義の事務所を選ぶ

成果主義の事務所は、一般的に給与が高い傾向にあります。

特許事務所は歩合性が主となっているためです。

補足として、事務所によって歩合率が違うので注意が必要です。

  • 歩合率の業界平均は30パーセント
  • 歩合率が高ければ高いほど、高収入が狙える

と言えるので、給与水準を上げたい場合は成果主義が強い特許事務所を選ぶと良いでしょう。

 

教育制度が整っている事務所を選ぶ

未経験から特許事務所に転職される方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、指導や教育体制が成されておらず、特にスキルや実務経験を身に付けられないまま退職してしまったというケースも耳にします。

未経験者にとって、ここは大切なポイントと言えるでしょう。

そこで、下記のような項目は入所前にしっかり確認できると良いです。

  • 研修プログラムが用意されている
  • 指導が手厚い(未経験の方は、面接等での確認必須です)

 

上記のような事務所かどうかを判断する方法

ここまで失敗を避けるための特許事務所の特徴をまとめてきました。

しかし、求人票を見て、上記のような事務所かどうかを判断するのは難しいです。

そこで、事務所の特徴の見極め方を下記にまとめていきます。

 

転職エージェントサービスを活用する

転職エージェントサービスを活用する

ベストなのは、転職エージェントサービスを活用することです。

ネットでは知ることのできない特許事務所の評判や口コミ、裏事情など、良いところも悪いところも包み隠さずお話してもらうことが可能だからです。

(上記の写真は弊社のエージェント活動の様子です)

 

面接や事務所見学時だけでは、「求職者と事務所」という立場上、事務所についてネガティブなところまで知ることは難しいです。

また、自分だけの判断ではなく、客観的な意見が有効な場合もあります。

以上の理由から転職エージェントサービスを推奨します。

弊社リーガルジョブボード(LEGAL JOB BOARD)では、知財に特化した転職エージェントサービスを展開しています。

ご連絡いただければ知財業界の詳細や特許事務所の詳細情報のお伝えなど、多方面からサポートさせていただきます。

転職エージェントサービスを受ける(無料)

お急ぎの方は、右下のチャットやお電話(03-6774-8902)でも承ります!

 

ちなみに、求人に直接応募するよりも、転職エージェントを経由して応募すると内定の可能性が上がります。

理由は以下の記事で解説しています。

面接の逆質問タイムや事務所見学を有効活用

選考や事務所見学は、実際の職場について知るための絶好のチャンスです。

下記のようなポイントを抑えて面接や事務所見学に臨みましょう。

  • あらかじめ質問したい内容を準備しておく
  • 所長の考えや方針、事務所のビジョンを確認する
  • 大手事務所の場合は、部署が様々のため入職後に上司や同僚になる人物に会わせてもらう

 

特許事務所の選考を突破するコツ

最後に、特許事務所の内定を獲得するためのコツや大切なことについてまとめます。

内定を獲得するためには、特許事務所の選考対策が重要です。

特許事務所の選考対策は下記の記事で詳細にまとめているので、気になる方はチェックしてください。

※職種別にまとめているので、検討している職種の記事をご覧いただければと思います。

特許事務所の書類対策を行いたい方は、以下の該当する職種の記事をご覧ください。

弁理士・特許技術者の履歴書と職務経歴書の書き方や例文のご紹介

特許事務と意匠・商標事務の職務経歴書の書き方【プロが解説】

まとめ

特許事務所への転職で失敗しないためには、下記の4つの視点で特許事務所を見ると良いです。

  • 案件量が豊満か
  • 働き方を重視しているか
  • 成果主義の事務所であるか
  • 教育制度が整っているか

また、このような特徴を確かめるためには、

  • 面接の逆質問タイムや事務所見学
  • 転職エージェントサービス

の有効活用が、鍵となります!

これらを活用して、ご自身にぴったりの特許事務所を見つけましょう。

株式会社WILLCO 森田
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 森田
弁理士や特許技術者・知財部員などの知財職種を専門とした株式会社WILLCOの転職エージェント。多数の紹介実績を持つ。希望に沿った就職・転職先の紹介や、 転職相談会・キャリアカウンセリングを随時開催中。転職のちょっとした疑問や心配ごとでもご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。