認定考査を受ける必要がある人・ない人の紹介とメリットやデメリット

mari-helin-ilSnKT1IMxE-unsplash (1)

司法書士試験に合格した後、合格者同士でよく話題に上がるのが「認定考査を受けるかどうか」です。

「認定考査、みんな受けるけど本当に受けた方がいいのか?」

「受けないといけないのか?」

とご相談される方が多くいらっしゃいます。

実は認定考査は、簡裁代理認定資格を保有することによるメリットももちろん多いですが、人によっては必ずしも必要というものではありません。

 

そこで本記事では、

  • 認定考査が必ずしも必要ではない理由
  • 認定考査を受けることで発生しうるデメリット
  • 認定考査を受ける必要がある人

をまとめています。

 

まずは認定考査の勉強!と注力しすぎることがデメリットになってしまうかも。

そのあたりの事情を事前に知り、今後の動き方のご参考にしてください。

 

認定が必ず必要ではない理由

認定が必ず必要ではない理由

冒頭でお話したように、認定考査はもし受けなかったとしても司法書士として活躍する方法はあります。

それは、司法書士のメイン業務はまだまだ登記業務がほとんどだからです。

司法書士の業務は登記が8割と言われており、登記業務のみを扱う事務所も多くあります。

なので、認定司法書士にならなくともキャリアアップはできるわけです。

 

認定考査を受けるデメリット

認定考査を受けるデメリット

上記で、認定考査を必ず受けなくてもよい理由を伝えてきました。

もちろん、認定司法書士になると請け負える業務の幅も広がるので、受けたいと考える方が多いでしょう。

実際、司法書士試験合格後、多くの合格者が認定考査を受けます。

認定司法書士になるとメリットも多いですが、実は認定考査を受けることで被るデメリットが存在します。

 

就職のベストシーズンを逃す可能性あり

認定考査を受けると、司法書士合格者にとっての「就職黄金時代」を逃すリスクがあります。

というのも、実は司法書士募集の求人は、司法書士試験の合格発表後である「11月〜1月」が一番多く出るからです。

求人も1番多く、人気事務所の求人も出ているこの時期を逃すのは、非常にもったいないです。

認定考査の後にも求人は増えますが、人気の企業や事務所は「すでに新人司法書士の数が足りている」状態になっていることも。

年中何かしらの求人は出ていますが、事務所も「新人の司法書士を取りたい!」と意識的に考えているのは、やはり11月~1月の求人が多いです。

認定考査の勉強と一緒に就職活動も行ない、ベストシーズンを逃さないように注意が必要です。

 

認定司法書士としての業務があまりない

認定司法書士になると、簡裁訴訟代理人として簡易裁判所における訴額140万円以下の民事事件を扱えるようになります。

司法書士が対応する裁判業務は債務整理+過払金請求が多く、その他の大きな裁判はやはり基本的に弁護士が行います。

『認定考査に合格したけど、入社した事務所が不動産登記に強く、結局今まで認定司法書士としての業務をしていない。』

そういったお話もよく聞きます。

したがって、膨大な勉強量や時間をかけて認定考査を受ける必要があるのかどうか、しっかりと見極めなければいけないでしょう。

 

認定考査を受ける必要がある人

認定考査を受ける必要がある人

では逆に、認定考査が必要になる場合についてまとめます。

それは、「債務整理を生業としている事務所に入りたい場合」や、「将来的に債務整理メインの事業で独立したい場合」です。

また、やはり認定司法書士になっておくと書類上では箔がつきますし、今後どういう扱いになるかもわかりませんので、余裕がある人は受けておいたほうがよいでしょう。

もちろん、ここまでお話してきたように、認定考査を受けるのなら就職黄金時代を逃さないように注意が必要です。

とはいえ、就職活動を優先して認定考査を受けるタイミングを逃すのもまたリスク。認定司法書士になる必要があると判断した場合は、迷わず受けることをおすすめします。

 

最後に

同期たちが受けているからという理由で認定の勉強に入る方も多いのではないでしょうか?

せっかく時間をかけて勉強するのなら、将来の自分のためになると分かった上で認定考査を受けたいですよね。

自分自身は認定司法書士になることが必要なのかどうかを、もう一度よく考えてみましょう。

Icon 1 この記事を書いた人
司法書士・測量士専門エージェント 北澤

司法書士・測量士専門エージェント 北澤

司法書士・測量士専門のエージェント. 事務所情報や求人動向など、転職にまつわるお話はもちろん、キャリアプランも併せて考えたご提案をいたします。 ぜひ、お気軽にご相談ください!

他のおすすめ記事

司法書士の転職はLEGAL JOB BOARD
弁理士・知財の転職はLEGAL JOB BOARD