1. LEGAL JOB MAGAZINE
  2. 司法書士の記事一覧
  3. 【司法書士】転職しやすい時期は10月・11月・12月!理由も解説
司法書士 【司法書士】転職しやすい時期は10月・11月・12月!理由も解説

【司法書士】転職しやすい時期は10月・11月・12月!理由も解説

2020年09月21日

こんにちは。 司法書士の転職エージェント「リーガルジョブボード」の北澤です。

今回は、「司法書士の転職しやすい時期」について解説します。

司法書士の転職活動を行うのにベストなタイミングがあるのをご存知ですかそれは、「10〜12月」です。

そしてもっと言うと、「11月中」に内定をもらうことがベストです。

そのあたりの理由や、転職活動をするにあたっての事前準備なども補足としてまとめているので、司法書士としての転職が控えている方はぜひ参考にしてください。

転職に有利になる時期を知っておくだけで、スムーズかつ計画的に転職活動を進めることができます。

株式会社WILLCO 北澤
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 北澤
司法書士・法務を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。

司法書士の転職時期は11月がベストの理由

司法書士の転職時期は11月がベストの理由

司法書士の転職時期は11月が一番良いとされている理由をまとめます。

 

求人数が多いから

1つ目の理由が、「求人の数が多いから」です。

例年11月の2週目に合格発表があります。そこで毎年600名前後の方が合格となります。

すると多くの司法書士事務所(特に大手)は、この合格者が就職活動をはじめるタイミングを狙って、求人の募集を行います。

以上の経緯から、転職サイトに出る求人の数が比較的多くなるわけです。

 

年度末が忙しい事務所が多いから

2つ目の理由が、「年度末に人手が欲しいから」です。

登記業務中心の司法書士事務所の多くは、年度末に忙しくなります。

よって事務所側は10月から募集をかけ、11月に面接を行い、12月から働き始めてもらうことで年度末に備えているというケースが多いです。

また10月始めには筆記試験の合格発表があります。その後口述試験が控えていますが、口述試験は大多数の方が合格する試験になっています。

そういう意味でも、早い事務所だと10月から募集を開始します。弊社でも10月の筆記試験合格後から求人の掲載依頼が増え始めます。

まとめると、毎年10月〜12月は求人数が増えるので、10月に入ったらすぐに就職活動がスタートできるように、予め準備しておきましょう

 

事前にやっておいた方が良いこと

事前にやっておいた方が良いこと

先ほど10月~12月は求人数が多い傾向があることをお伝えしました。

そのため、10月にはスムーズに転職活動をスタートできるよう、事前に準備できることはするようにしたいところ

スムーズに転職活動をスタートできれば、求人が充足する前にすぐに応募が可能となりますし、内定も早期に受諾することができます。

そこで転職活動を始める前にやっておいた方が良いことをを以下にまとめました。

 

気になる事務所をリストアップしておく

転職してみたい事務所や気になる企業を事前にチェックしておきましょう。

探す媒体や方法としては、

  • 事務所HP
  • 各都道府県の司法書士会HP
  • ハローワーク
  • 口コミサイト
  • 先輩司法書士からの紹介

などが挙げられます。

特に人気の事務所は、求人を公開してからすぐに充足してしまうことも。

事前にチェックしておくことで、求人公開のタイミングですぐに応募することができます。

10月前には求人が出ていなかったとしても、10月以降に募集が始まる場合もあります。気になる事務所を見つけたら、志望度は問わずにたくさんピックアップしておきましょう。

 

転職サイトに登録しておく

上記で挙げた媒体以外にも、転職サイトに登録をすることをおすすめします。

転職サイトに登録をして希望条件を入力しておくと、希望条件に合致する求人が掲載されたタイミングでお知らせしてくれます。

10月のタイミングで新着求人にすぐアクセスできるよう、事前に登録しておくと良いでしょう。

 

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談する

面接を受ける上で、これまでのキャリアやスキルセットによって面接通過率が変わったり、そもそも応募ができない求人も存在します。

加えて司法書士事務所ごとの就職難易度は、他の業界に比べてまだまだオープンにされておらず、求人を探すこと自体が非常に苦労することも。

そのような時に頼りになるのが、転職エージェントです。転職エージェントとは、あなたに代わって、

  • あなたに合った求人のご紹介
  • 応募手続きや面接日程の手配/調整
  • 年収や勤務形態の条件交渉
  • 履歴書や職務経歴書などの作成/対策
  • 面接対策

などを行ってくれる人のことを指します。

司法書士業界に詳しいエージェントであるほど、給与の相場感や事務所毎のカラーも分かっているため、あなたの人柄やキャリアプランに合う求人を紹介してくれます。

また求人の紹介だけでなく、

  • 今のスキルや経験で他の事務所に転職ができるか
  • 現事務所よりも好条件で転職ができるか

といった日々の求人動向踏まえた、あなたの転職の可能性についてのアドバイスをしてくれます。

>> 司法書士の転職エージェントサイト「LEGAL JOB BOARD」に登録する(1分・無料)

 

自己分析をしておく

司法書士事務所を探す上でもう1つ大事なポイントは、「自己分析」です。

あなた自身の転職の軸を明確にしておくことで、応募したい事務所も明確になります。また複数の事務所から内定をもらったとしても、自己分析がきちんとできていないと、

  • せっかく転職できたのに社風が合わなかった
  • 思っていた業務と違うことをやらされることになった
  • そもそもどんな事務所に応募すればいいのか分からない

など、あらゆる点でミスマッチが生じる恐れがあります。

自己分析の具体的な仕方については、下記の記事をご覧ください。

 

10月に入職・転職することによるメリット

大量募集を行っている10月に入職・転職すると、必然的に同期入社の人が増えます。同期との繋がりは結構大事でして、その理由は

  • 業務内容や事務所内の人間関係などに関する質問や相談ができるから
  • 情報や業界のトレンドの情報源になりうるから
  • 他事務所への転職や独立の際に大切となるコネクションが作れるから

などあります。特に2点目は非常に大切ですよ。

 

次に転職しやすい時期は1月・2月

10月の次に転職しやすい時期は「1月~2月」で、特に司法書士経験者にとって有利な時期です

なぜなら1月~2月にかけて、合格者向けの研修が行われているため、今年度合格者は就職活動を平行して進めることが難しく、ライバルが減るからです。

事務所側も経験者に関しては、研修期間を気にせずにすぐに入職してもらえることを期待して、採用のハードルを下げる傾向にあります。

また今年度合格者にとっても、特別研修終了後の3月から働きはじめるにあたって、就職活動を行うラストチャンスの時期です。

10月から転職活動を始めたもののなかなか理想の事務所に出会えない場合でも、1月~2月には就職活動が終えられるように、期限を決めて取り組みましょう。

 

司法書士の転職を全力でサポートしています

司法書士の転職を全力でサポートしています

弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)では、あなたのキャリアやご経歴をもとに、ベストな司法書士事務所をご紹介さし上げています。

弊社リーガルジョブボードは、司法書士専門の転職エージェントサイトです。

転職エージェントサイトに登録すると、司法書士専門の転職エージェントが、

  • あなたが活躍できる求人を紹介してくれる
  • 書類・面接選考を徹底してくれる
  • 年収を交渉してくれる
  • キャリアステップの相談に乗ってくれる

など、転職支援を多方面から支援してくれます。

大きな決心のもと転職を実現できたのに「勤務先がイメージと合わなかった」なんていうオチは絶対に避けなくてはなりません。

お急ぎの方は右下のチャットやお電話(03-6774-8902)でもご相談を承ります!

 

まとめ

本記事のまとめを以下にまとめます。

  • 一番転職しやすい時期は10月~12月。特に11月中の内定を目指して、10月から動くのがベスト
  • 次に転職しやすい時期は1月・2月。今年後合格者が研修で忙しくなるため、経験者には有利な時期
  • 就職活動にあたって、事前に行っておくべきこと

  • 気になる事務所のリストアップ
  • 転職サイトへの登録
  • 転職エージェントへの相談
  • 自己分析
  • 早めの行動が吉。1~2月には就職活動を終えられるように、期日を決めて就職活動に取り組むべし
株式会社WILLCO 北澤
この記事を書いた人
株式会社WILLCO 北澤
司法書士・法務を専門としたリーガルジョブボード(株式会社WILLCO)の転職エージェント。転職実績は業界最大級。求人票には載っていない事務所の評判や口コミのお伝え、選考対策やキャリアステップのご相談など多岐に渡り転職支援をさせていただいています。お気軽にご連絡ください。求職者様・事務所様の双方にとってベストな転職を実現します。